1.大学の特徴

インド工科大学カラグプル校は1951年にIITの中で最初に設立された。当初は技術者養成のための大学として設立され、現在でも工学系の学部が中心ではあるものの経営や法律の学部も設立された。

2.インド工科大学カラグプル校 (Indian Institute of Technology Kharagpur / IIT Kharagpur)
のプロフィール

国/地域インド
立地西ベンガル州カラグプル市に位置する
学部建築・工学、バイオテクノロジー・バイオサイエンス、科学、人文・社会・経済科学、学際科学・工学、経営、法律
学生数約12,000人
大学ランキングTimes Higher Education(THE)World University Rankings2021
THE Asia University Rankings2021
QS World University Ranking 2022280
QS Asia 202258
新卒初任給2020年のプレースメントで提示された年収の中央値はRS1,472,000(約228万円)。最高額はRS6,427,000(約994万円)。
就職事情国内外から200以上の企業が集まるIITプレースメントにて多くの学生が就職先を決定する。近年はIT、ソフトウェア関連のポジション募集が増加傾向にある。

>>インドのページへ
>>大学一覧ページへ

 

(関連リンク)
>>インド工科大学ハイデラバード校ホームページ

(シンガポール国立大学の関連記事)

>>他のインド工科大学関連記事

(その他の関連記事)
>>THE世界大学ランキング2021。アジア圏から初のトップ20入り【日本語訳Excelデータ付き】
>>『THEアジア大学ランキング2021』 1位は北京大学を抜いて、清華大学。東大は6位