ニュース

【成績上位者と面接も可能】アジア各国トップ大学の学生および卒業生1万人が参加予定!アジア最大規模のITスキル診断コンテスト「CODE TO JAPAN」を開催します

Share on facebook
Share on twitter

今回、ASIA to JAPANでは各国のトップ大学協力を得て​学生と卒業生、約1万人が参加するアジア最大規模の​「ITスキル診断コンテスト​」を開催いたします。

特に優秀な受験者100人は、2021年1月26〜28日に行う「Study Go Work JAPAN 面接会(オンライン)」にてコンテスト結果(順位、偏差値、解答コードなど)をもとにした面接が可能です。コンテストでは【ITコース】【AIコース】の2つのコースを用意しスキルを可視化します。面接は無料。採用決定時に費用をお支払いいただきます。

 

 

■開催概要

・アジア最大規模のITスキル診断コンテスト「CODE TO JAPAN」を開催
・アジア各国トップ大学協力のもと、学生および卒業生約1万人が参加予定
・特に優秀な受験者100人は、2021年1月26〜28日実施の「Study Go Work JAPAN 面接会(オンライン)」にて面接可能
【説明会を開催します】https://asiatojapan.com/code-to-japan/
【問い合せはこちら】https://asiatojapan.com/contact-us/

 

■背景

ASIAtoJAPANは設立から約3年間、日本で働きたいアジアの外国人エンジニアと日本企業をつなぎ、300名以上の採用を実現してまいりました。その中で多くの日本企業の人事担当者の方から「外国人エンジニアの評価が難しい」という声を聞いております。そこで外国人エンジニアの共通テストとして、ITスキル診断コンテスト「CODE TO JAPAN」を実施いたします。

特に優秀な受験者100人は、2021年1月26〜28日実施の「Study Go Work JAPAN 面接会(オンライン)」にて面接をすることが可能です。優秀なエンジニアを抽出すると同時に、評価を標準化し、日本企業のより良い採用を叶えます。

 

■ITスキル診断コンテスト「CODE TO JAPAN」について
AIに関する上級レベルのプログラミングテストと、通常の中級レベルのプログラミングテストの2種類のITスキル診断テストを用意。

中国、インド、シンガポール、タイ、マレーシア、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、ミャンマーを中心に、アジア太平洋地区の各国のトップ大学の学生および卒業生の参加を予定。テスト受験期間は12月20日(日)まで、参加者数は1万人を見込んでおります。

 

■アジア太平洋地区の有名大学と世界各国の学生が参加


[中国]
上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)、浙江大学(Zhejiang University)、北京科技大学(University of Science and Technology Beijing)、北京大学(Peking University)、大連理工大学(Dalian University of Technology)、華中科技大学(Huazhong University of Science and Technology)、武漢大学(Wuhan University)、天津大学(
Tianjin University)、ハルピン工業大学(Harbin Institute of Technology)、西安交通大学(Xi’an Jiaotong University)、吉林大学(Jilin University)、東北大学(Northeastern University/NEU)

[インド]
インド工科大学(Indian Institute of Technology/IIT)
(マドラス校Madras /デリー校Delhi /ボンベイ校Bombay/ハイデラバード校Hyderabad/カラグプル校Kharagpur/ルールキー校Roorkee/インドール校Indore/グワハティー校Guwahati/ダンバード校Dhanbad /マンディ校Mandi)
プネ大学(Savitribai Phule Pune University Pune)

[シンガポール]
シンガポール国立大学(National University of Singapore)、南洋理工大学(Nanyang Technological University, Singapore)、シンガポールマネジメント大学(Singapore Management University/SMU)、シンガポール工科デザイン大学(Singapore University of Technology and Design/SUTD)

[タイ]
チュラロンコン大学(Chulalongkorn University)、コンケン大学(Khon Kaen University)、キングモンクット大学ラッカバン校(King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang)

[マレーシア]
マレーシア工科大学(Universiti Teknologi Malaysia/UTM)、マレーシア科学大学(Universiti Sains Malaysia/USM)

[台湾]
国立清華大学(National Tsing Hua University/NTHU)、国立成功大学(National Cheng Kung University/NCKU)、台湾大学(National Taiwan University /NTU)、国立交通大学
National Chiao Tung University/NCTU)、中国文化大学(Chinese Culture University)

[インドネシア]
インドネシア大学(University of Indonesia)、バンドン工科大学(Institut Teknologi Bandung/ITB)、ビナ・ヌサンタラ大学(Bina Nusantara University)

[ベトナム]
ハノイ工科大学(Hanoi University of Science and Technology)、FPT大学(FPT University)

[フィリピン]
フィリピン大学(University of the Philippines)、アテネオ大学(Ateneo de Manila University)

[ミャンマー]
ミャンマー海事大学(Myanmar Maritime University)、ヤンゴン工科大学(Yangon Technological University)、ヤンゴンコンピュータ大学(University of Computer Studies Yangon)

[オ―ストラリア]
メルボルン大学(University of Melbourne)

なお、トップ大学の学生および卒業生がコンテストに参加するメリットは以下の通りです。

・自身のスキルレベルを確認できる
・修了証明書が発行され、スコアを就職活動で使うことができる
・スキルを認めた企業から面接のオファーが得られる
・上位入賞者には賞品も

 

■参加者の採用をご希望の企業様へ

2021年1月26〜28日実施の「Study Go Work JAPAN 面接会(オンライン)」にて、ASIAtoJAPANが選出した特に優秀な受験者100人の中から、希望の学生と面接が可能です。
面接会の前に学生の情報を共有し、ITスキル診断テスト結果の他、当社システム上で学生の経歴や大学での研究内容、PR動画などご覧いただき、その上で採用したい学生を事前にピックアップいただきます。
なお、ITスキル診断テストの結果はランキング化されますので、相対的なレベルを把握することが可能です。また、正答率や回答までにかかった時間まで、問題を確認しながらご覧いただけます。

※スキル診断テストには株式会社ギブリーの『track』を使用いたします( https://givery.co.jp/services/track/ )

 

■プランおよび費用について

無料でご参加いただけるプランと、有料のスポンサープランの2種類をご用意いたしました。
<コンテストスポンサー 無料プラン>
・参加費用は一切かかりません。
・採用が決定した場合、1人につき100万円の成果報酬が発生します。

<プレミアムスポンサー 有料プラン:参加費150万円>
・オリジナルのテストを設計し、コンテスト上位者に案内し選考へ繋げることができます。
・採用が決定した場合、1人分の成功報酬費用が無料になります(2人目以降は1人につき100万円)

【企画説明会を開催します】https://asiatojapan.com/code-to-japan/
【お問い合わせはこちら】https://asiatojapan.com/contact-us/

※申し込み締め切り:2020年12月25日(金)

Share

Share on facebook
Share on twitter