ニュース

海外TOP大学の日本語 × 理系学生を3日間・日本で面接する

Share on facebook
Share on twitter

Study Go Work JAPANは以下の課題が解決できます
■【IT】,【機械】,【電気・電子】で日本語ができる外国人学生の採用がしたい   →アジア現地大学で理系学生だけを集め日本就職に向け200時間の日本語授業を(大学内で)受けています
■今まで採用した事のない国の学生を採用したい   →インド、マレーシア、中国の学生がいます
■できれば、年齢の若い学生を採用したい   →留学生と違い大学入学前に日本語学校に通っていませんので、一般的な卒業年齢で入社します
■優秀な大学から採用したい
 →浙江大学(Zhejiang University)(19位)、
  マレーシア工科大学(Universiti Sains Malaysia/USM)(130位)、
  プネ大学(Savitribai Phule Pune University/SPPU)(169位)
  ※The Times Higher Education Asia University Rankings 2017より
   (参考) 東京大学(7位)、京都大学(14位)、慶応大学(119位)、早稲田大学(140位)
■日本語がある程度話せる状態で入社してほしい   →内定後、大学内で同じ先生から追加で日本語の授業を受ける事ができます(別途御見積)
■事前にしっかり自社の説明を実施し、理解したうえで応募してほしい   →参加と同時に学生に御社の情報をお伝えします。説明会映像の配信も可能です *有料プレミアプラン
■外国人は早期に離職されるのが怖い   →数か月かけて丁寧に採用活動を実施します、更に同一の大学から十数名、同時期に日本で就業を開始します
■3ケ国語以上話せる学生を採用したい   →基本的に3ケ国以上の言語を話す、トライリンガルです
■海外の大学で説明会を実施したい   →現地視察と説明会を実施することができます(別途御見積)
Study Go Work JAPAN
教育~入社まで
01 アジアの大学内で理系学生に日本語と就業文化を教育
2月~11月の間で120~200時間の授業を実施します
02 リストと動画で選んだ学生を日本へ招待3日間の面接会
03 内定者には入社までの間現地で日本語と就業文化の教育が可能
04 2018年9月以降入社可能
理系+日本語の留学生の母集団を形成するのは難しい
(就活をする国内の理系留学生は全国に約3000名)

Study Go Work JAPAN 対象大学

マレーシア工科大学(Universiti Sains Malaysia/USM)
マレーシア半島南端のジョホール州の州都ジョホールバルに位置。マレーシアで最も古い理工系大学。同国の工学系人材の2/3を輩出しているといわれる。 ジョホールバルにはマレーシア進出した日本企業の拠点も多く、学生は、日本企業への就職や日本語学習に対する意欲も比較的高い。 2016 年「アジアロボットコンテスト」で グランプリを受賞。

プネ大学(Savitribai Phule Pune University/SPPU)
プネはインドの教育・研究の中心地で、多くの研究高等教育機関が存在。インド全土から優秀な学生が集まり学生数は60万人を超え、「東のオックスフォード」といわれている、最も優秀で由緒ある大学の一つ。 プネはIT開発の中心都市と位置付けてられており、家庭のPC普及率が最も高く生活水準も高い。日本語学習者がインドで最も多い大学。

浙江大学(Zhejiang University)
中国で北京大学(Peking University)や清華大学(Tsinghua University)に次ぐ名門大規模校として知られ中国大学ランキングでも毎回3~5位に位置する。アジア大学ランキングでも19位。浙江省の省都である杭州市にあり、中国最大の都市である上海に近接している、先進的な教育研究施設が充実している点が特徴。応用研究に優れ、産学共同の取り組みも多く、日本の大手電気メーカーも研究の拠点を構えている。
Study Go Work JAPAN日本語の授業を受講中の学生

 

・各校とも理系で構成され、計131名の学生が約200時間の日本語と日本の就業文化を学んでいます
・情報系の学生以外でもアプリやWEBサイトの構築経験者も多くC、JAVAといった言語を使いこなします
・インド、マレーシアの学生は全員、中国も2/3の学生が英語が堪能です
・9月からは参加各社の業界、会社の事を勉強するプログラムを別途用意する予定です
参加学生の所属学部
スケジュール

 

初期費用 無料
内定受諾時の成功報酬のみ
(入社辞退時には返金致します。)
詳しくは下部の【お問い合わせ】よりご連絡ください。

Share

Share on facebook
Share on twitter

Get Updated