日本語授業担当者に聞く、インドネシアの理工系名門校バンドン工科大学の特徴

Share on facebook
Share on twitter

100名以上の学生からの応募があり、現在は40名の学生が日本語授業を受講中。

ASIAtoJAPANは2018年10月より、インドネシアのバンドン工科大学(Institut Teknologi Bandung, 通称ITB)で無料日本語学習プログラム「Study Go Work JAPAN」の提供を開始した。

無料日本語学習プログラム「Study Go Work JAPAN」には100名以上の学生からの応募があり、現在は40名の学生が日本語授業を受講中。本プログラムの担当者は、「Study Go Work JAPAN」への期待を次のように語る。

「日本語を勉強するチャンスだけでなく、日本で働くチャンスをも与えられる点がとてもいいなと思っています。厳しいテストを受けて選ばれたインドネシアトップクラスの学生ですから、言語の勉強の努力はしっかりできます。専門分野についても大学で学び、知識を蓄え、十分な準備をしています。会社に入ってもすぐに力になれると思いますので、まずはこういう学校があって、優秀な学生たちがいるということを知っていただければと思います。学生のモチベーションにもなりますし、もっと日本で働く学生を増やしたいです」

バンドン工科大学

Institut Teknologi Bandung(ITB)

バンドン工科大学
【参加学生の人数や特徴】 40名

Share

Share on facebook
Share on twitter

Get Updated