インドのプネ大学で「Study Go Work JAPAN 日本語授業」の継続学習プランを開始しました

Share on facebook
Share on twitter
ASIAtoJAPANはインドのプネ大学にて、「Study Go Work JAPAN 日本語授業」の継続学習プランを2月より開始しました。「Study Go Work JAPAN」を通じて内定を獲得した学生を中心とした10名が、4月上旬までに合計50時間の授業を受講する予定です。

継続学習プランは日本企業から内定を得た学生に向けて、ビジネス日本語やビジネスマナー、慣習を教えることを目的としています。受講生はすでに日本語である程度のコミュニケーションが取れるレベルに達していますが、入社までの期間に短期集中で日本語を学ぶことにより、日本人と同じ研修を受けられるレベルまで日本語力を向上させることを狙います。

具体的には会社内での自己紹介、顧客先でのあいさつ、電話対応など、シチュエーションに応じた実践的な日本語会話を集中して練習。同時に、日本ではインドよりも報連相が重視される、3回以内に電話に出ることが良いとされているといった、日本の慣習についてもレクチャーしています。

また、基本のビジネス日本語に加え、日本で働く先輩インド人から聞いた困りごとをもとにカリキュラムを作成。不動産情報の見方や不動産業者とのコミュニケーションの取り方、電車の乗り方やインドの食品を購入できる場所なども共有することで、実際に日本で生活する際のギャップを埋め、ストレスを軽減することを目指します。

プネ大学では「Study Go Work JAPAN プログラム」を通じて内定を獲得した学生に向けて、2019年より年2回継続学習プランを提供。今回の継続学習プランは3回目の実施となります。



※現在「Study Go Work JAPAN 面接会」はおよそ月に1回行なっており、次回開催は3月24日(火)、25日(水)を予定しております。

※通常は対面にて直接面接を行なっておりますが、3月は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止する観点から、オンラインでの参加も可能です。

プネ大学

Savitribai Phule Pune University(SPPU)

【開催数】 3回目
pune
【参加学生の人数や特徴】 「Study Go Work JAPAN」を通じて内定を獲得した学生を中心とした10名

Share

Share on facebook
Share on twitter