バンドン工科大学ジャパンキャリアフェア2022

バンドン工科大学(ITB)は有数の技術系人材を輩出する理系トップ校で、キャリアセンターはインドネシア全土のリーダー的存在として影響力を発揮しており、発信する情報には同校の学生のみならず他校の理工系学生も注目しています。
ASIA to JAPANでは同校キャリアセンターと協力し、これまで理系学生向けの「無料の日本語授業」を提供して参りました。またFAST OFFER International プログラムを通じ多くの学生の日本就職を実現しています。

その実績をもとに、本年も昨年に引き続き「Japan Information Session ITB 2022(旧 Japan Career Fair)」を合同で開催いたします。


開催概要

日程:2022年7月28日(木)・29日(金)
会場:オンライン(バーチャルイベント会場へのご出展)

参加概要・費用

バーチャルブースご出展、応募受付 一式16万円(税抜)~

※企業セミナー、参加PR、ブース装飾を含みます
※本社採用、現地法人採用によってご参加パターンやサービス内容が異なります。詳しくは営業担当までお問合せください
[お問合せフォームはこちら]

バンドン工科大学について

インドネシアにおける理系の名門国立大学。
1920年に設立されたバンドン工業高等学校を前身としており、ジャカルタから150kmほど東、インドネシア第三の都市であるバントンに本部を構える。
インドネシアの初代大統領スカルノ氏をはじめ、数々の著名人を輩出している。
学生数は約2万5000人。
同センターが主催するキャリアフェア『ITB INTEGRATED CAREER DAYS』は年々参加者が増加し、近年では2万⼈もの学⽣が集まるビックイベントとなっている。