ニュース

シンガポールの国立大学SMU(シンガポールマネジメント大学)を訪問しました

Share on facebook
Share on twitter

 

ASIAtoJAPANは6月、シンガポールの国立大学SMU(シンガポールマネジメント大学)を訪問しました。同校はシンガポールに4つある国立大学の一つで、文系の学部がメイン。実学を重んじていること、世界中から生徒が集まる有名なMBAカリキュラムがあることから、シンガポール国内の企業から最も評判の良い大学です。

 

また、同校は学生の就職支援に力を入れていることでも有名です。大学内には面接用のスペースが用意されていて、学生がいつでも面接に参加できるよう、スーツ一式の貸し出しも行なっています。

 

 

世界大学ランキングでは卒業生の満足度も重要な指標となるため、卒業生向けの就職フェアを行うなど、卒業後の就職支援にも積極的です。

 

昨年「Study Go Work JAPAN 面接会」に参加したSMUの学生は大手バイクメーカーに内定。心理学とマーケティングを専攻する、日本語力の高い学生です。「目標達成のために他者と協力、協働する姿勢」「継続的な自己成長に向けた学習意欲」の2点を高く評価され、社内へのインパクトと適応性を見込まれての内定となりました。

 

シンガポールには多様な民族が暮らしているため、多くの学生が英語と中国語の双方を話すことができます。さらに日本語ができる学生は、日本企業にとって大変魅力的な人材です。パスポートのランクも高いため、ビザなしで渡航できる国も多く、出張の際の工数が少なくて済むのもうれしいところ。今後ASIAtoJAPANでは、同校への「Study Go Work JAPAN 日本語授業」の導入に向けて動いていく予定です。

Share

Share on facebook
Share on twitter

Get Updated