ニュース

東京都主催 「中小企業向け外国人採用・活用セミナー」にて弊社代表の三瓶が講演しました。

Share on facebook
Share on twitter


2018年1月31日(水)に行われた、東京都の「中小企業向け外国人採用・活用セミナー」にて、弊社代表の三瓶が登壇しました。

 

「海外からの高度グローバル人材の採用方法と見極めポイント」と題し採用担当者の目線に立ち具体策をお伝えしました。
平成28年度は約24万人の留学生が日本で学んでおり、ここ5年で1.5倍の大幅な伸びとなっています(JASSO 平成28年度外国人留学生在籍状況調査)。
しかし、この伸び率を牽引しているのは専門学校や、日本語学校に通う留学生であり、大学への留学生は5%しか伸びていない状況。 また、ニーズの高い理工系の学生となると、11.6%しか存在せずととても貴重と言えます。 そのような状況を踏まえて、海外の大学から優秀な外国人学生を直接、新卒採用したいという企業も増えています。

 

しかしながら、海外の学生は、卒業時期や就職に対する考えが日本の学生のそれとは、それぞれに異なること、また、総じて日本人学生のような就職活動に向けた事前の準備が出来ていないことで、採用企業側が本質的な能力を見極めきれないなど課題があり、採用方法や見極めに、準備や工夫が必要になります。 今回のセミナーでは、そのような点に対する具体的な対策を実例を交え分かり易くお伝えしました。

続くパネルディスカッションでは、サイコム・ブレインズ株式会社の金栗雅美氏と、株式会社モンスター・ラボの椎葉育美氏と三瓶の3名で、 同様のテーマにてパネルディスカッションを行い、海外大学からの学生の選考方法や、受入れ時また受入れ後の具体策などに触れ意見を出しあいました。

実施後のアンケートでは、海外採用の具体策について知る機会となったとの意見を頂き、一方で、採用後の受入れ体制についての具体的なアドバイスが求められました。

(関連リンク)
>>TOKYOしごとGUIDE(東京外国人材採用ナビセンター)

Share

Share on facebook
Share on twitter