ASIA to JAPANが大切にしているのは
内定者の日本語習得はもちろん、
日本語授業を通じたリテンション施策です。

外国人採用・育成でこんなお悩みありませんか?

入社に向け、日本語力もビジネスマナーも身につけて欲しい。

やはり言語や文化の違いは大きいので、すぐに辞めてしまわないか心配。

外国人に内定を出したものの、入社までのフォローができるか不安。

外国籍新入社員向けのリテンション施策を強化しませんか?

ASIA to JAPAN 日本語学習4つの特徴

内定初期段階から言語や文化のギャップを埋め、早期離職・退職リスクを減らします。

01

入社準備の強化

これまで数多く実施してきた外国籍人材の入社支援で培った経験をもとに、日本で働く上でつまづきやすい課題をクリアに。

02

整った日本語学習環境​

文化庁表彰歴のある日本人教師や厳選された講師陣がオンラインで授業を行います。

03

コミュニティーを大切にする授業

授業の参加者は、ほぼ同じタイミングで日本での就業を開始する「同期」となりえます。ともに学ぶことで来日前から絆をつくります。

04

実践的な学習方法の導入

単純なビジネス日本語だけでなく、日本と海外の文化の違いや、ビジネスの場面を想定したケーススタディを通じて「使える日本語」を身につけます。

ASIA to JAPANの日本語クラス

世界中の学生を集めオンラインで実施する20人程度のクラスです。

対象

N1レベル向け

授業内容
ビジネス日本語の「運用力」を高め、日本独特の就業文化を理解します。
授業期間
3ヶ月
対象

N2・N3レベル向け

授業内容
ビジネス日本語技能の習得に加え、日本のビジネスマナーも学びます。
授業期間
3ヶ月

さまざまなビジネス日本語スキルがUPする構成