11139
内定先企業 大手自動車部品メーカー
プネ大学の修士課程でコンピューターサイエンスを学ぶ学生。友人が片手をけがし、不自由そうに片手でコードをタイプする姿を見て、『障害を持った人が使いやすいシステムを作りたい』と思い至り、ボイスコマンドを用いた、パイソンによるHTMLの修正の研究を行っている。日本語を学び始めて4年、会話において十分に意見交換ができるレベル。

プロフィール
  • 国籍・地域
    インド
  • 性別
    女性
  • 大学
    プネ大学
  • 学部
    情報工学部
  • 学歴
    修士
内定者からのメッセージ
私は今、コンピューターサイエンスの修士課程で、2021年の10月に入社します。外国語を学ぶことが好きです。私の町で、日本語教室が人気になってきましたので、私も入りまして、美しい言葉に一目惚れしました。日本語の勉強するにあたり言葉だけでなく、日本の文化にも魅了されました。 大学でStudy Go Work Japanというプログラムのことを知りました。日本企業で外国人社員を募集するのを知って、私は思わず「日本で働きたい!」と思いました。登録後、書類審査に合格して、私はAsia to JapanのスタッフとのSkype面接に臨みました。この面接は日本語の会話能力を確認するもので、研究内容や日本で働きたい理由について質問されましたが、嬉しいことに、Skype面接も合格しました!次は日本企業に送るPRビデオの準備です。このPRビデオは第一印象になりますので、よく考えて充実した自己紹介を準備しました。その後、選考をサポートしてくれるメンターからの連絡があり、分からないことをすべて親切に教えてくれました。 私は今まで、インドを出たことがなく、初めての海外経験になりますので少し不安もありましたが、Asia to Japanのスタッフは皆な優しくて、航空券の予約から泊まるホテルの確保まで、至れり尽くせりの手配をしてくれましたので、大変助かりました。面接前後のアドバイスも有益で、冷静を保って面接に専念することができました。2つ日間の面接で、日本企業4社と面接することになりました。、皆さんのお陰で、2社からオファーをいただきました。いろいろを考えた上で、その中に一社に入社することを決めました。会社訪問した時、新幹線を体験することができて、また、念願の富士山を見ることができて幸せでした。会社訪問で、会社の製品を勉強したり、仕事場の環境を体験したり、社員寮も見学したりしました。来年の入社することには楽しみにしております。
11139
Final Year Project
『Modifying HTML By Python』 プロジェクト 1. 目的 - 大学の友達が手を骨折(こっせつ)したとき、片手でコードをタイプすることが難しかったです。 - 身体障害者はどうやってプログラミングができるか考えました。 - このような人達に使いやすいシステムを作りたい、と思いました。 2. プロセス - まずはいろいろなスピーチ・テキストAPIについて調べました。APIを決めた後で、どうやってそのAPIを利用するか、学びました。 - システムにヴォイスコマンドを受け入れます。 - システムはこのコマンドの言々の意味を調べて、それからコマンドの意味が分かります。 - コマンドに応じてシステムはHTMLコードを変更して、HTML ページをもう一度開きます - システムはコマンドが分からない時、他のコマンドを申し入れます。もしユーザーがそのほかのコマンド)の中から何かを選んだら、システムは今のコマンドと初めてのコマンドは同じ意味だ、と理解してデータベースに入力します。 次回、システムはその新しいコマンドも覚えます。 3. 結果 この前は、片手でHTMLコードを書くのは1分ぐらいかかりました。でもシステムを使って、5秒でできるようになります。 - 商業のウェブサイトのコードは複雑です。このコードから変更したいラインを見つける事は面倒であり間違いのものです。でも、ボイスコマンドを入力してこのタスクを簡単に達成することができます。 4. リフレクション システムでGoogle Speech API を使いました。このAPI はユーザーの声と、ノイズは同じようにプロセスしていました。そんな訳で、システムは音声入力がわかりませんでした。 - ヘッドホンをパソコンと設定して、この問題を解決するようになりました。 - システムをつくるとき、デバッギングのことを学びました。何か問題があったら、ソフトウェアとハードウェアをどのようにデバッグして問題を解決するか、身に付きました。 例えば、システムエラーがあったら、マイクに関係する問題かソフトウェアに関係する問題かを調べてシステムのミスを解決しました。"

※個人情報を保護するため、ビデオの一部は無音になっています。
Back to Index
12359
製造・流通向け機器開発サービス
インド出身のIT専攻の学生で、真面目で向上心がある。Final Year Projectはマ ...
11601
製造・流通向け機器開発サービス
機械工学部を卒業。卒業プロジェクトは「半自動カム輪郭試験機」で、オ ...
11175
製造・流通向け機器開発サービス
インドプネ大学で修士課程。専門は電子・電子通信。ヒューマンエラー撲 ...