12992
内定先企業 大手発電プラント開発企業
「電気自動車の電池制御システムによる寿命アップ」を研究している。勤勉な性格や、個人よりもチームで成果を出す日本人の労働文化が、母国のものよりも自分にマッチしていると感じ、日本での就業を強く希望しており、1年半の勉強で日常会話レベルの日本語能力を習得。

プロフィール
  • 国籍・地域
    インド
  • 性別
    女性
  • 大学
    プネ大学
  • 学部
    電子通信工学学部
  • 学歴
    学士
内定者からのメッセージ
工学部2年生の時、特に何も考えずに、聴講生として日本語を学び始めました。 オリエンテーションに参加したら、早速ASIA to JAPANのプログラムを申し込みました。というのは、すでに日本語に興味を持ち始めていて、その機会は素晴らしいものに思えたからです。それで私は日本語を約1年半勉強し、2020年1月の面接に応募しました。 書類審査は非常にスムーズに進みました。最初にSKYPEのインタビューがあり、ASIA to JAPANのメンターによって基本的なコミュニケーションスキルをチェックすることになっています。SKYPEインタビューを通過すると、そのイベントに参加しているすべての会社が応募者の書類を審査するというプロセスに入ります。 幸い、3社が私に興味を持ってくれたので、初めて日本を訪れる機会に恵まれました。 来日の二日目に各社の一次面接を受け、次の日に二次面接が行われ、翌々日には内定者の企業訪問が行われました。オファーをもらった参加者は実際に職場を見学できます。実際に仕事場がどのようになるのかを見て、新しい環境に不安することなく入社することができると思います。また、先輩社員との交流もあり、会社のことを話してくれて、温かく迎えてくれました。 最後に、この素晴らしい日本への旅を手配してくれたASIA to JAPANに感謝したいと思います。日本で就職する機会を与えるだけでなく、面接会場やホテルでの快適な環境を提供してくれたことに感謝しています。他のアジア諸国の素晴らしい人々と出会い、初めての海外旅行は魅力的な体験でした。 2020年10月に日本で働き始めるのを本当に楽しみにしています。
12992
Final Year Project
電気自動車の電池制御システムです。 これで電池のいろいろなパラメーターの動作を記録して制御します。そして電池の寿命が長くなります。 理由 今インドで汚染の問題は増加しています。私たちはそれを解決するプロジェクトを選びました。電気自動車を使うと、この問題を減らすことができると思います。電気自動車の電池について考えました。 目的 電池の電圧や電流、温度、充電状態を計算して電池の寿命が長くなります。そして電池の機能が悪ければ、車から電池を取り外します。 プロセス ー 最初に電池のどんなパラメーターを計算するかを決めました。 ー プロジェクトを二つの部分に分けました。半年で2つのパラメーターと、次の半年で残りの2つのパラメーターをすることにしました。電圧と温度のパラメーターはもう終わりました。 ー リチウムイオンセルの電池を使うことに決めました。 ー -セルの最大充電の電圧は4.2ボルトです。全てのセルの電圧測定を計算しました。 ー 熱暴走から電池の破裂は可能です。なので温度のレンジは10°から55°までです。 ー 以後充電状態と電流の測定は続けることにします。充電状態を果たすためにクーロンカウント方法を使います。 ー 電圧と電流と温度を計算するためにセンサーを使います。全てのパラメーターをマイクロコントローラーを使って処理します。 結果 電池の寿命が長くなります。液晶ディスプレイに計算したパラメーターを表示します。電気自動車の使用は可能になります。だから汚染の問題はかなり軽減されます。 学び 電池の機能や、どのパラメーターが電池の状態に大切か、マイクロコントローラーソフトなどを学びました。

※個人情報を保護するため、ビデオの一部は無音になっています。
Back to Index
12359
製造・流通向け機器開発サービス
インド出身のIT専攻の学生で、真面目で向上心がある。Final Year Projectはマ ...
11601
製造・流通向け機器開発サービス
機械工学部を卒業。卒業プロジェクトは「半自動カム輪郭試験機」で、オ ...
11175
製造・流通向け機器開発サービス
インドプネ大学で修士課程。専門は電子・電子通信。ヒューマンエラー撲 ...