13033
内定先企業 物流システムメーカー
プネ大学の電気通信専攻の学生、卒業研究はジェスチャーでコントロールできるワイヤレスロボットアームに関する研究で、3人のチームリーダーを務め、自身は回路とPCB設計を担当した。ロボットにこだわらず、専門性を生かしつつ新しいことにチャレンジできる日本の会社に就職したいと考えている。真面目に研究に取り組む、地頭の良さを感じさせる学生。

プロフィール
  • 国籍・地域
    インド
  • 性別
    女性
  • 大学
    プネ大学
  • 学部
    電子通信工学部
  • 学歴
    学士
内定者からのメッセージ
私はいつも外国語を学びたくてインドのセミナーに参加して、Study Go Work Japanというプログラムに出会いました。日本のテクノロジーや文化について、たくさん文章を読んで興味をもっているので、プログラムに登録しました。 私は2016年にN5を取得ました。そのため、昨年1月にN4に合格しました。そこで、夢への旅が始まりました。エンジニアリングは私の情熱です。私はいつも自分のスキルを応用し、より多くのスキルを身につけ、人生を通して学び続けたいです。N4とN3のコースはとても楽しかったです。外国語を学びながら、言語は単なるコミュニケーションの手段ではないことに気づきました。それは「感じ」ということでもあります。 私は11月にSkypeインタビューを受けました。会話力、日本で働く理由、そして最終年度のプロジェクトをチェックすることに重点が置かれていました。 私は合格しました。その後、メンターが割り当てられました。メンタリングセッションは非常に重要で、とても役に立ちました。事前にいくつか質問を用意し、メンタリングセッションでメンターと話し合いました。そして、書類審査に合格して 12月に来日することになりました。テストのある会社は1社あり、合計4社の面接を受けました。残念ながら、私は選ばれませんでしたが、素晴らしい経験でした。外国に行くこと、また、飛行機に乗ること、どちらも初めてでした。失敗は実際の失敗ではないと私は信じています。失敗は自身の向上に役立つ美しいものを残します。それを前向きに捉えて、次のイベント、つまり2月のイベントに応募しました。新しいメンターが割り当てられました。どちらのメンターも私を大いに助けてくれました。 最初に、前回の面接のミスを見つけました。答えを改善してみました。そして2月のイベントにまた日本に招待されました。5社の面接を受けました。 一日目の夜、翌日の面接スケジュールのメールが届いて、東京にあるDaifukuのオフイスに行くことになりました。短いプレゼンテーションセッションとインタビューがありましたが、インタビューは素晴らしい経験でした。そしてDaifukuのオファーをいただきました。本当に人生最高の日でした。3日目は新幹線で志賀の拠点に行って、それも素晴らしい経験でした。 会社訪問は本当に素晴らしくて、会社の製品や職場環境についてたくさん学ぶことができました。幸運なことに、日本の春の美しさ、さくらも鑑賞できました。
13033
Final Year Project
テーマ 手のジェスチャーでコントロールされるワイヤレスロボットアーム 目的 工場でものを拾ったり置いたり、農地で種まきなどの仕事が簡単にできるように、ロボットが人間を置きかえられます。このプロジェクトを通じて、椅子から立ち上がれない高齢者が遠くの物を拾い上げるのを助けることを目指しました。 コンセプト プロジェクトのトランスミッターに手袋があります。フレクスセンサーが手袋の指についています。加速度計が手袋の上についています。レシーバーにアームとグリッパとベースメントがあります。ベースメントに車輪とDCモーターが取り付けられています。ロボットアームとグリッパーにはサーボモーターが取り付けられています。手からロボットアームまでにワイヤレスデータ伝送するためにブルートゥースディバイスを利用しています。指を曲げると、グリッパとアームはプログラムされた通りに動きます。グリッパーがものを拾ったり、欲しい所に運んだり、置いたりします。車輪は加速度計でコントロールされています。 プロセス 正しい結果を得るために先行研究を勉強しました。コンポーネントを選んで、回路とPCBを設計しました。それから、機械設計をして、組み立てて、テストをしました。 結果 ロボットは希望通りに機能しました。手が右に傾くと、ベースメントも右に動きます。同じように、他の方向でもプログラムされたように機能します。プロジェクトをカスタマイズしたら、色々な仕事で利用できます。 学んだ事 1) PCBの設計方法 2) マイクロコントローラのプログラミング 3) チームワークとリーダーシップ 4) ソフトウェア MPLAB IDE (マイクロコントローラのプログラミング) Protel 99 SE (PCBのデザインのソフトウェア)

※個人情報を保護するため、ビデオの一部は無音になっています。
Back to Index
12359
製造・流通向け機器開発サービス
インド出身のIT専攻の学生で、真面目で向上心がある。Final Year Projectはマ ...
11601
製造・流通向け機器開発サービス
機械工学部を卒業。卒業プロジェクトは「半自動カム輪郭試験機」で、オ ...
11175
製造・流通向け機器開発サービス
インドプネ大学で修士課程。専門は電子・電子通信。ヒューマンエラー撲 ...