18895
内定先企業 金融系ウェブサービス企業
マレーシア上位のマレーシア工業大学のコンピューターサイエンス専攻の学生。卒業プロジェクトのテーマは「モバイルゲームにおける拡張現実と仮想現実のリモートコラボレーション」で、Unityを使用してアンドロイドアプリを作成した。マレーシアのIT企業でインターンでは、Swiftを使ってiOSアプリを作成や、C#とMySQLを使ってWebページのAPIに携わるなど、実践的な経験もある。

プロフィール
  • 国籍・地域
    マレーシア
  • 性別
    女性
  • 大学
    マレーシア工科大学
  • 学部
    情報工学部
  • 学歴
    学士
内定者からのメッセージ
私は、中国で言い伝えられてきた“读万卷书,行万里路”という言葉の通り、人生に置いて様々な経験をしてきました。私は過去に東海大学でのサマースクールに参加するために2週間、日本に滞在した事があります。また、大学在学中は日本語クラスを受講しJLPTの取得に向けて勉強を続けました。インターンシップをしていく中で、日本で働きたいという思いが強くなった。インターンシップを終え、大学に戻り、JLPT N4の取得に向けてさらに日本語を勉強しました。日本語クラスの先生に勧められ日本での就職を本格的に考えるようになり、ASIA to JAPAN (AtoJ)のStudy Go Work Japanに応募することにしました。最初は、自分の日本語レベルに不安を感じていましたが、挑戦だけはしてみようと思いました。 驚くことに、応募した当日にAtoJから連絡があり、なぜ日本で働きたいのか、その理由と自分の大学でのファイナルイヤープロジェクトについて日本語で書いて送って欲しいと伝えられました。私は、一生懸命に考え、日本語の先生にも指導をお願いし、文章を考えました。文章を送ってすぐ、一次審査を通過し、二次審査のスカイプ面接を受けることになりました。私はスカイプ面接に向けてさらに、日本語の会話の練習をするようになりました。スカイプ面接では、日本で働きたい理由、ファイナルイヤープロジェクト、どのような企業で働きたいかなどを話しました。スカイプ面接後、私は希望する企業に送るPR動画の作成に取り掛かりました。 後日、私は複数の企業から面接の希望を受けたということを伝えられました。日本での面接の前に、各企業とのオンラインテストが設けられていました。質問は主に自分の専門であるProgramming and Mathematicsに関連したものでした。日本語力が十分ではなかったため面接を受ける事ができなかった企業もいくつかありましたが、最終的には3つの企業から選んでいただく事ができました。コロナウィルスの拡大の影響によって日本へ行って面接を受ける事はできませんでしたが、Zoomを利用した面接が行われました。AtoJの学生メンターの方の協力のおかげで、面接では緊張せずに質問に答える事ができました。面接で聞かれそうな質問を予想し、準備をしました。各面接は30分ほどで行われ1日のうちに3社の面接を受けました。私は、希望する一社から内定をいただく事ができました。その後、AtoJと受け入れ企業の方とミーティングを行い、ジョブオファーやお給料などについてお話しを聞く事ができました。 もし、日本で働きたいと考えている学生がいたら、日本語に自信がないからといって諦めないで欲しいです。私は2021年4月から日本の企業で働き始めます。私は大学在学中に日本語を十分に習得できたとは言えないでしょう。それでも、私は一歩踏み出しました。これから日本で働ける事がとても楽しみです。最後にAtoJに感謝を伝えたいです。ありがとうございました。
18895
Final Year Project
私の専門はコンピュータサイエンスのグラフィックスとマルチメディアソフトウェアです。この専門からSystemとWebの開発ことを勉強しました。さらに、AndroidアプリとIOSアプリの開発することが少しあります。Web のAPIとDevExtremeとAngularJSも経験があります。授業にいろいろなプログラミング言語を貰いました。例えば、C++, C#, Java,MySQL, JavaScript, PHP。プログラミングテクニックも勉強しました。Swiftはインターンシップの時に習いました。グラフィクスの授業ではゲームや拡張現実や仮想現実やOpenCVやOpenGLなどを習いました。Projectは大体Unity3Dで携帯とPCのゲームを作ります。 →研究テーマはREMOTE COLLABORATION BETWEEN AUGMENTED AND VIRTUAL REALITY WITH MOBILE GAMEです。この研究は同時に拡張現実(Augmented Reality)と仮想現実(Virtual Reality)が一緒に働くことができるというものです。Remote collaborationの意味は二人が離れた場所で同時に 遊ぶことができるということです。 これは Androidの携帯のゲームです。このゲームは 携帯で拡張現実と仮想現実で遊べます。しかし、一人は拡張現実でほかの一人は仮想現実だけで遊べます。拡張現実のプレーヤーの入力は タッチスクリーンを使用しますが、仮想現実のプレーヤーの入力は視線入力をします。このゲームはチェスゲームとメモリカードゲーム(神経衰弱)です。さらにUnityのSDKとも使用できます。ゲームの物の色とゲームの物のテクスチャーと選択ヒントの物の色はプレーヤーの好きなものに変えられます。 →この研究の理由は二人は離れた場所にあっても拡張現実から仮想現実まで情報を共有することができる一方、反対のこともできます。一つのインタフェースーだけなければ二人のインタラクションが強化しました。最後に二人のインタラクションができますから、いるところから旅行しないで旅行にいった気持ちになれるから、この研究は役立つとおもいます。この研究テーマはほかの研究者はやりました。しかし私はこの研究を新し発展しました。 →他の研究者の記録いろいろを読みました。先輩の研究も参考しました。このゲームはUnity3Dで発展します。ARのインタフェースーはVuforiaを使いますがVRのインタフェースーはGoogle Cardboardを使います。拡張現実と仮想現実のインタラクションはPhoton Networkingを使います。 →現在の結果のビデオリンク: https://youtu.be/8NpSrIDbhiQ →このprojectから、ARとVRの知識を貰いました。このprojectの結果は正しいです。しかし、ハードウエアの制限のためVRの入力は視線入力を使いますだけ。ARとインタラクションの時にちょっとゆっくりです。選択の時に少し時間を待って要ります。ほかのハードウエアを使った方がいい。
Back to Index
12359
製造・流通向け機器開発サービス
インド出身のIT専攻の学生で、真面目で向上心がある。Final Year Projectはマ ...
11601
製造・流通向け機器開発サービス
機械工学部を卒業。卒業プロジェクトは「半自動カム輪郭試験機」で、オ ...
11175
製造・流通向け機器開発サービス
インドプネ大学で修士課程。専門は電子・電子通信。ヒューマンエラー撲 ...