ASIA to JAPANが大切にしているのは
内定者の日本語習得はもちろん、
日本語授業を通じたリテンション施策です。

外国人採用・育成でこんなお悩みありませんか?

入社に向け、日本語力もビジネスマナーも身につけて欲しい。

やはり言語や文化の違いは大きいので、すぐに辞めてしまわないか心配。

外国人に内定を出したものの、入社までのフォローができるか不安。

外国籍新入社員向けのリテンション施策を強化しませんか?

ASIA to JAPAN 日本語学習4つの特徴

内定初期段階から言語や文化のギャップを埋め、早期離職・退職リスクを減らします。

01

入社準備の強化

これまで数多く実施してきた外国籍人材の入社支援で培った経験をもとに、日本で働く上でつまづきやすい課題をクリアに。