内定者向け日本語クラス

私たちASIA to JAPANが日本語学習で大切にしていることは、日本語の習得はもちろん、日本語授業を通じたリテンション対策です。

母国と日本の文化の違いや、初めて日本で働く外国人が抱えやすい課題への対処法、同期の絆作りなどを通じて、内定初期段階からギャップを埋め、早期の退職リスクを減らすことを目的としています。

対策 1

これまでの多くの入社支援にもとづき、日本で働きはじめた時につまずぎやすい課題をクリアにします。

対策 2

日本での就業経験をもつ海外大所属の日本語教師や、中国トップ校で教鞭をとった、文化庁表彰歴のある日本人教師が講師となり、授業を行います。

対策 3

授業の参加者は、ほぼ同じタイミングで日本での就業を開始する「同期」となえります。共に学ぶことで来日前から絆をつくります。

対策 4

単純なビジネス日本語だけでなく、日本と海外の文化の違いや、ビジネスの場面を想定したケーススタディを通じて「使える日本語」を身につけます。

カリキュラム例

笈川メソッド
N1レベル対象日本語運用力強化クラス 
「Newsweek 世界が尊敬する日本人100」選出の日本語講師による、ビジネス日本語クラス
もっと見る
Previous
Next

ニーズに合わせてご提案いたします

まずはご相談ください