内定先企業

二輪車、ボートや船外機などの水産物、その他の電動製品のメーカー

Profile

国籍・地域
インド
性別
女性
大学
プネ大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

日本での初めての海外での仕事の経験を共有したかっただけです。日本のヤマハ発動機(YMC)本社で1年半働いています。この時期の日本での生活についてお話しし、まとめる機会をいただき、大変うれしく思います。多くの点で成長するのに役立ったのは、私の人生の最高の部分だったと言えます。まず、すべてが始まったところからお話ししたいと思います。スタディゴーワークジャパン(SGWJ)の会社がプネ大学との提携を確立したとき、外国語を追求する絶好の機会だと感じました。日本に拠点を置くこの会社は、高い学歴を持つ大学院生が日本で仕事を見つけるのを支援しています。その後、私はこのプログラムに登録し、日本語のトレーニングを受け、JLPT試験の準備と出題を行いました。正直、今まで想像もしていなかった海外での経験を積むことができたので、この機会を利用しました。幸い、JLPT試験とスカイプ面接に合格し、日本企業7社との面接に選ばれました。 7社の面接の後、2社の求人に応募しました。スカイプの面接メンターであるKanbaraSanのおかげで可能になりました。日本でのキャリアと専門分野についてお話を伺っていただき、ありがとうございます。私は、最初の会議の後、私のメンターが私を彼の翼の下に連れて行ってくれた方法だけでなく、時間とリソースに対する彼の寛大さにもとても感謝しています。私のメンターが私の成功と発展に示している関心は、私が非常に感謝していることです。将来の見通しをすべて考慮し、SGWJと私の家族の関係するメンターからの話し合いとアドバイスを受けて、私は日本で働くことを決心しました。過去1年半は、多くのことを達成し、自分自身を成長させるのに役立ちました。私たちは、国民の努力、優れた妥協のない研究開発基準により、世界の超大国になり、世界の超大国となった島国としての日本のイメージを持っています。また、日本人の正直で礼儀正しい性格についても。ここに長く住んだ後、私は自信を持ってこれがすべて真実であると言うことができます。私の経験が、インドの学生に日本を仕事の目的地と見なすきっかけになることを願っています。将来的には、協力的で友好的な同盟をさらに強化するために、両国間にさらに多くの雇用機会プログラムがあることを願っています。日本の労働文化を知ること、真にグローバルな経験をすること、そして私自身の自己啓発は、私が日本で持つことを光栄に思っている多くのことの一部です。日本は東洋と西洋の文化が見事に融合していると感じました。この国に住み、たくさんのことを学ぶことができて光栄です。結論として、私と他の多くの学生にこの貴重な機会を提供してくれたSGWJとHiramekiSolutionsに心からの感謝を表したいと思います。

FINAL YEAR PROJECT

「DIESEL GENSETの冷却パッケージ設計」
課題
地上/地下に設置されたディーゼル発電機の冷却包装システムの設計。
制約条件:
1 - 悪い換気
2 – 空間の利用可能性。
3 - Ductsの設置スペースはさらに広がります。
4 – DGセットの非効率的な冷却(温度上昇)
5 – 冷却液ポンプの容量は、遠隔のラジエータとエンジンとの間の距離の増加のために大きくする必要がある。

将来のスコープ
コンパクト熱交換器の使用は、緊急事態の発生のために急速に増加しており、スタンバイ電力は、建物コード要件および/または電力損失の危険性を満たすことである。したがって、効率的な冷却システムが必要です。世界が急速に進むにつれて、物がよりコンパクトになるため、遠隔冷却システムの設計は非常に重要です。また地下にGensetを設置することで、発生する騒音を防ぐことができます。