内定先企業

大手輸送用機器メーカー

卒論のテーマは『master slave robotの研究』で、マスターから出された指示通りに動くロボットの開発に3名チームで取り組んだ。自身はスレーブロボットのデザイン、イメージプロセシングなどを担当。エンジニアリング技術の発展している日本で、機械エンジニアとして活躍することを志し、大学卒業後は日本語学習に集中している。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
アンナー大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

みなさん、こんにちは。これはプラビーンです。インドのタミルナードゥ州チェンナイにあるMITのアンナ大学で私のB.E機械工学を学びました。
工学部3年生になるまで、自分のキャリアで外国語を勉強することを考えたことはありませんでした。幸い、大学で日本企業のセミナーを開催し、日本で働くことへの情熱に目を向けました。これが私の心を開き、日本語を学び始めることにしました。一番驚いたのは、大学が終わる前に、30年以上日本で働いていた古い大学の先輩が経営する日本の学校に入学したことです。有名なタイヤ製造会社からオファーをもらったのですが、それを拒否してN3日本語の勉強を続けました。 N3の途中で就職活動を始めた頃、日本人先生から「Study GoWorkJapan」のことを知りました。予想外に11月に応募しました。面接の電話を受けたのは、私にとって大きな驚きです。結果が出たとき、5社から面接に選ばれましたが、その中から夢の会社であるY 株式会社発動機が一番好きで、応募したいと思いました。
私のメンターは、会社が何を探しているのか、どのようなスキル、知識セット、職務、会社の最近の研究と開発などを教えてくれました。面接の準備はまさにそのように行いました。今までにない飛行でしたが、世界一の都市に無料で飛ぶのは初めての飛行体験でした(言葉では言い表せません)。翌日、Y 株式会社の2回戦があり、すべてのインタビューで頑張りました。 、またやや上手くいったので、次の会社の面接を待っていました。その間、アジアトジャパンのデスクから「プラビーン、ここにいてくれませんか」という声が聞こえてきました。 「Y 株式会社はあなたを雇う準備ができています、大丈夫ですか?」と彼らは言いました。これは私を完全に吹き飛ばしました、私はばかげた設立でした。私は「夢が叶う瞬間のようです、もちろん私はそれを受け入れます」と言いました。その瞬間から、日本は私の第二の故郷だと感じ始めました。 。静岡の Y 株式会社発動機を訪ねて、日本の新幹線を体験できたのは幸運でした。現在、Y 株式会社の負担でN2を勉強しており、2020年10月に参加します。これは、インドや他の国からの新しい友達を作る良い機会になりました。私はずっと両親と一緒に住んでいるので、住むのを本当に楽しみにしています。一人で日本。この人生を変える機会と素晴らしい経験をしてくれたアジアの皆さんに感謝します!

FINAL YEAR PROJECT

私のプロジェクトはマスタースレイブロボットです。マスタースレイブロボットはマスターの指示をこのスレイブロボットはしたがいます。
スレイブロボットは2-自由度(じゆうど)(degree of freedom)です。スレイブロボットアームをSolidworksソフターでデサントして、polystyrene sheetで作って、サーボモーター二つを使って, スレイブロボットを組み立てました。
マスター は私です。私はスレイブロボットのend-effectorのうごきを画像処理(がぞうしょり)で指導(しどう)します。カメラを使って、マスターの手がある所の二次元座標(にじげんざひょう) パイントを画像処理(がぞうしょり)して、取りました。 画像処理(がぞうしょり)には、にんげんの手の色を見分(みわ)けるのにコーディングして、このピクセルパイント。画像処理(がぞうしょり)で取った二次元座標(にじげんざひょう)パイントをinverse kinematics algorithmに入力して、もらう角度をサーボモーターに入力します。

マスターは手を移動(いどう)するとき、写真をとって毎フレームを画像処理(がぞうしょり)して、スレイブロボットを移動させました。
これは私のプロジェクトです。

もくてきーマスターはキットとか何もかけないで、マスターの動作は速くて簡単に画像処理(がぞうしょり)して、スレイブロボットを移動させます。

作業ー
スレイブロボットは2-自由度(じゆうど)(degree of freedom)です。スレイブロボットアームをSolidworksソフターでデサントして、polystyrene sheetで作って、サーボモーター二つを使って, スレイブロボットを組み立てました。

けっかー
ロボットは私の手の行動に従って動きました、でもこの画像処理(がぞうしょり)には手を見つけ方が色によってできただから、手と同じような色がフレームにあれば、手のポイントをとりにくいです。

結論―
画像処理(がぞうしょり)には。手を見つけ方が色によってできただから、手を見つけ方をよく研究して、新しいアイデアで出来たらいいです


I made a master slave robot, where I as master, guide my 2-DOF Robotic arm in space through IMAGE PROCESSING. The camera records my (end-effector)Hand motion ,instantly process each frame and returns me the pixel coordinates , further these pixel goes through inverse-Kinematics algorithm ,which converts coordinates into Angles(O1,O2) for servo motors, which align the robotic link-arm, so that the robotic end-effector will be in my desired point in the work volume.

PR VIDEO