内定先企業

日本のマテハン機器会社

インドネシアの理工系最上位のバンドゥン工科大学で電気工学を専攻している学生。卒業プロジェクトではGPSトラッキングシステムの開発にチームで取り組んでおり、主にシステムを担当。IoT、デジタル信号処理、回路設計、VRなどの幅広いテクノロジーの分野に興味がある。明るく前向きな性格。

Profile

国籍・地域
インドネシア
性別
男性
大学
バンドン工科大学
学部
電気工学
学歴
学士

MESSAGE

日本を夢見ることしかできなかった人が、ついにその夢を叶いました。当初、私は田舎の高校生でした。 その時、私はアニメを見たり、マンガを読んだり、日本での生活や日本文化について調べたりするのが大好きでした。日本語を勉強して日本で就職するという目標まで立てました。でも、日本語の授業もクラブも、日本に興味のある友達や先輩もいなかったので、自分でしか日本語を学ぶことができませんでした。大学に入学した後、Asia to Japan(AtoJ)というプログラムを見つけました。日本語と日本文化を学ぶだけでなく、日本で就職する絶好のチャンスだと言われました。本当に嬉しかったです。そして、すぐに登録フォームを使って応募しました。 素晴らしい先生とやさしい友達がいてくれたので、日本語を理解することが簡単になりました。ひらがなやカタカナを読んだり、文法を学んだり、漢字を覚えたり、お互いに会話したりしました。先生の日本語授業がとても好きです。先生は日本に住んでいた経験がありますので、時々それについて話して、いろいろ学ばせてもらいました。その時はやることがたくさんありましたが、日本語クラスでの時間を本当に楽しんでいました。

日本語クラスを修了して、自己PR動画、最終年度のプロジェクト(FYP)、これまでに行ったプロジェクト、モチベーションレターなどの書類を準備しました。企業にとって、それらの書類は学生を知るための重要なものなので、自分をアピールできるようにする必要があります。そして、企業に選ばれることにつながります。 面接に選ばれた後、面接の準備についてAtoJのスタッフは大いに助けてくれました。その時、私を助けてくれた神原さん、ありがとうございました。面接の練習を手伝ってくれただけでなく、AtoJのスタッフもスケジュールの管理、確認などをしてくれました。 最後に、日本で働くという夢の実現を手伝ってくれたAsia to JapanとStudy Go Work Japanのスタッフに感謝したいと思います。ありがとうございました。

FINAL YEAR PROJECT

GPS トラキングシステムの目的
1. 研究の目的
このプロジェクトはGPSトラキングシステム作るため、Sigfox のlow frequency 0G ネットワークを使うシステムです。Low frequency トランスミッションデバイスは将来的にIoTデバイスを開発する可能性がある。それ以上、Sigfox はインドネシアで比較的に新しいプロバイダーですから、私たちの指導教官はこのプロジェクトをすすめました。
2. 過程
このプロジェクトは他の人の作ったシステムを使用しています。結果はデータを分析することによって得られます。
3. 結果
Sigfox プロバイダーはまだジャカルタ使用可能です。バンドンにまだ使用可能ではありません。ですから、このプロジェクトはWiFiモジュールを使用に変更されています。使うGPSセンサーは100m未満の位置データエラーを検出できます
4. 振り返り
このプロジェクトから、私はGPS センサーを使う簡単なデザインシステムを学ぶことができました。
開発のために、このプロジェクトはスイッチリモート、アラームシステムなどいくつかの機能によって追加できます。このシステムは小さいので、かばんや他脳貴重なものにセキュリティのため入れられます

PR VIDEO