内定先企業

プリンタ、プリンタ周辺機器、および関連する消耗品の開発者および製造業者

会津大学情報工学部修士のN3取得のベトナム人学生。大学はベトナム理工系トップのハノイ工科大を卒業。研究ではディープラーニングを使用し画面コンテンツやVRの画像の品質を評価。Python、Matlab、C ++を得意としている。日本人の勤勉な姿勢に感銘し、日本での就労を決意し 2021年4月または10月の入社を目指している。

Profile

国籍・地域
ベトナム
性別
男性
大学
会津大学
学部
情報工学部
学歴
修士

MESSAGE

私は2016年から会津大学に留学しており、日本で働く機会を見つけることが、留学することを決心したときの目標の一つでした。
当時、私は研究に専念していたので、英語の勉強が優先でした。会津大学在学中は、講義も他の学生との会話も、主に英語を使ったコミュニケーションをしていました。

日本に来る前は、趣味で日本語を勉強していて、JLPTN3を取得しました。しかし、練習不足のため、日本語の会話力が低く、日本で仕事を見つけるのに苦労しました。
2020年5月頃から自分で就職活動を始めましたが、就職するか、勉強を続けるかをまだ考えていたところでした。仕事が見つからなくてもなんとか勉強や研究に戻ることができるというバックアップの計画はあると思って、何気なくやっていたのですが、振り返ってみると、この考え方には問題があり、当時就職活動がうまく行かない主な理由の一つでした。

私は何度も面接に失敗し、約3か月後、完全に失望しました。その時、私はかなりストレスを感じていました。そして、COVID19のパンデミックの中、私は新しいポジションに応募することさえ落胆しました。
ついに修士論文の草稿を書き終えた後、就職活動に専念することにしました。以前の失敗を分析した後、私の日本語スキル、特に日本企業の面接へのアプローチがひどく不足していることに気づきました。会津大学の日本語教師である草刈先生に相談したところ、新卒者の就職活動を支援する採用エージェントについて紹介されました。そのうちの一つはAsia to Japanでした。

書類審査に合格した後、Asia to JapanのスタッフとのSkype面談に招待されました。会話力などの情報をチェックして、日本企業に適しているかどうかを確認することが目的でした。
幸い、私はなんとかこのラウンドに合格することができました。
面接担当のスタッフさんの「一緒に頑張っていい仕事が見つかると思います」という言葉を今でも覚えており、当時の私にとっては大きな励みになりました。

次のステップは面接の準備でした。私はAsia to Japanのメンターさんから、面接の準備について指導を受けました。
これは日本で仕事を見つけるための最も重要なステップの一つですが、見落とされてしまいました。Asia to Japanのスタッフの助けとメンターの指導により、私は5社の面接に選ばれ、そのうち2社の最終面接に進みました。

結局、その中の1社の研究開発部門に就職することになりました。またAsia to Japanでは、ビジネスマナーとスピーキングの練習に関する日本語コースに参加することができ、とても勉強になりました。
それ以来、会津若松から引っ越し、2021年10月1日に入社しました。
この素晴らしい機会と経験を与えてくれて、Asia to Japanの皆様に感謝したいと思います。

FINAL YEAR PROJECT

画質評価は、画像処理で人気のある研究トピックです。ただし、これまでのほとんどの研究は普通の画像に焦点を当てており、全方位画像に焦点を当てた研究はごくわずかです。
普通の画像の場合とは異なり、ユーザーは見る瞬間に360度の画像の一部しか観察できないため、画像の特定の領域に焦点を合わせる傾向があります。
普通の画像のほとんどの既存のモデルは通常、画像のすべての領域を同等に扱うため、これにより、全方位画像の品質スコアを予測することは困難な作業になります。

本論文では、深層学習に基づく全方向性画質評価モデルを提案する。このモデルは、入力画像の中央領域の特徴を学習することに焦点を当てています。
モデルは最初に、入力画像からサンプリングされたパッチの品質スコアを自動的に予測します。次に、画像の品質スコアは、パッチの品質スコアをそれらの位置に基づいて加重平均することによって計算されます。
実験結果は、提案されたモデルが全方位画像の品質スコアを予測するための非常に有望な精度を提供することを示しています。

PR VIDEO