内定先企業

製造・流通向け機器開発サービス

インドプネ大学で修士課程。専門は電子・電子通信。ヒューマンエラー撲滅を図ることを目的に、給水タンクにセンサーを設けて、水の量が一定量以下になると自動的に給水するシステムを開発。ソフトウェア・ハードウェア双方への関心がある方。日本語はストレスなくコミュニケーションが取れ、人当たりも良く、誠実な印象。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
プネ大学
学部
電子通信工学学部
学歴
修士

MESSAGE

私は新しいことを学ぶのが好きで、高校生の時、ある授業で日本の電車について読んだことがあります。 それからの数年間、日本のドキュメンタリー、日本のテクノロジー、アニメなどをずっと見てきたので、日本の文化が好きです。

日本語を学びたい、日本で働きたいと思いました。工学部三年生の時、大学には日本留学プログラムがあり、友達と一緒にそのゼミに参加しました。その後、ASIA to JAPANの日本語教室に参加しました。この授業は私にとって人生を変えるポイントだと思います。 先生方は、会話の練習やプレゼンテーションなどといった勉強でいつも励ましてくれました。

JLPT N4に向けて、日本語を勉強している間、Study Go Work Japanから面接に参加する機会に恵まれて、無料で日本に行くことができました。また、面接について、基本レベルからメンターセッション、オリエンテーションまで指導を受けました。

二回日本に行って面接に参加しましたが、残念ながら面接に合格することができませんでした。 その後、すべての先生方から再び面接の練習、サポート、励ましをいただきました。 そして今回選ばれました。それは、先生方、そしてASIA to JAPANから絶えることのないサポートのおかげです。日本での新生活を心待ちにしています。

FINAL YEAR PROJECT

Project 1.”Automatic water controlling and billing”
The purpose of this project to provide simplicity and security for water control system and also to reduce human efforts and time required for billing system. This project mainly deals with the accuracy and time management in water distribution. these is achieved by using advanced automation technology.The solution of project is the flow of water is checked with the help of the water flow sensor, the quantity is calculated in liters per hour and the same is further send to the cooperation unit for working out the billing amount @ Rs.3 per liter. My role in this project is to PCB DESIGNING , HARDWARE INTERFACING, PROJECT PLANNING and co-ordination. Technology used in this project is Aurduino, GSM and embedded C.

Project 2. “E-Menu Card “
Purpose of this project is to make your friendly electronic menu card with the help of networking and embedded system so that customer can place order.Objective of this project is to save time and to minimize human error in order taking time.to make paper less hotel and more freedom and satisfaction to customer and My role in this project is to PCB DESIGNING , HARDWARE INTERFACING, PROJECT PLANNING and co-ordination. Technology used in this project is RFID and Embedded system. With the help of this system we can order transfer from any table by using pad and receipt of the same at the kitchen as well as billing counter.

Project 3.”Cell Phone Based Voting Machine”
The purpose of this project is to make a cell phone based voting machine by using we can vote simply in elections it is easy to transport,store and maintain it complitly rules out the chance of invalid votes. This project consists of microcontroller, PIC 18F4520,a DTMF decoder CM 8870,memory storage device EEPROM,DTMF is sent to microcontroller which is decoded by CM8870 and password is fed with the candidate number,the EEPROM is used to store the memory in case of power failure. This project is based in ‘c’ languege programming the software platform used in this project are keil micro vision 3 and MPLAB IDE. My role in this project is to PCB DESIGNING , HARDWARE INTERFACING, PROJECT PLANNING and co-ordination.Technology used in this project is GSM and DTMF Decoder. We get the solution,after the button is pressed,the analog signal is sent to the DTMF decoder. The converted digital signal is further sent to the microcontroller for display of the output on the LCD.

PR VIDEO

Read More