内定先企業

大手食品メーカー

卒業論文のテーマは『ガソリンスタンドにおけるガソリンの損失を減らす研究』。ガソリンを注ぐ際に滴り出るしずくを出さないために、ガソリンタンク内の空気の流れを利用した仕組みを考えており、CATIAを用いて設計をしている。興味を持ったことを自ら考えて調べてやってみる、自発性のある学生。日本語でのコミュニケーションもスムーズ。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
プネ大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

私と日本との絆は、大学三年生の二年前に始まりました。当時は海外で働くことを考えていましたが、どうすればいいのか、まったくよくわかりませんでした。私の大学で開催された日本語の授業とASIA to JAPANのセミナーのおかげで、幸いに席を取り、日本への旅を始めることができました。

クラスで新しい言葉を学ぶことは、本当にとても楽しかったです。 慣れるようにするため、私たちが先生と一緒に日本語の歌を歌ったり踊ったりしましたが、日本語は徐々に親しみを覚えてきて、私の母国語よりもはるかに親しみやすくなりました。楽しく教えていただいた日本語の先生方に感謝しています。 学びながら日本人と話す機会があったことは素晴らしい経験で、これはまた日本語を話す自信になりました。

時間があっという間に過ぎて、私は面接の準備をしていました。最初から、日本語の先生とASIA to JAPANのスタッフが、一連のプロセスを案内してくれました。 履歴書を作成し、実際の面接について案内するために、ASIA to JAPANのスカイプでのメンタリングセッションがありました。 最後に、2019年12月に私は三つの日本企業に選ばれ、私は日本に来る機会に恵まれました。海外旅行は初めてだったので、家族も大興奮でした。

すべてのフライトと宿泊施設はASIA to JAPANが提供してくれて、スタッフも私たちの旅がうまくいくようにずっと連絡を取り合っていました。正式面接の前に、メンタリングセッションとガイダンスが行われ、最終的な準備を確認しました。残念ながら、最終面接まではうまくいきませんでしたが、スタッフはとても親切で、今回の経験から多くのことを学ぶことができました。残りの時間では、たくさんの場所を訪れ、日本の美しい秋を満喫する機会もありました。みんなを元気づける最終日のパーティーナイトも素晴らしかったです。

12月の面接後も日本語N2レベルの勉強を続け、2020年2月に4社に選ばれ、また日本に行く機会がありました。以前の経験もあり、再びメンターセッションを行うことで、前よりも大幅に改善することができました。今回は順調で、来月下旬に最終面接を行う予定ですが、兵庫県への企業訪問にも招待されました。

ASIA to JAPANのスタッフが兵庫県まで同行してくれました。新幹線に乗りながら、富士山を眺めるのは本当に嬉しかったです。会社訪問では、具体的な業務内容や次の面接プロセスに関するすべての情報を知りました。会社の代表者は親切で、東京に帰る途中で楽しむお菓子もくれました。

インドに帰国後、スカイプで次の面接を受けましたが、残念ながら最後まで行けず、日本語の勉強を続けていました。3月以降、状況は悪化していましたが、ASIA to JAPANの面接プロセスはオンラインで行われるようになり、日本で就職する夢を実現するため、学生たちを引き続きサポートしています。2月の面接後も日本語能力の向上に力を入れて、ついに7月に一社に選ばれました。

このニュースを家族や先生と共有できて本当に嬉しかったです。私は2021年4月に入社する予定で、とても楽しみにしています。今、会社は私のためにオンラインのオープンディスカッションを毎月開催しており、私はすでにその一員であることを誇りに思っています。日本にいた間、いつも私を助けて、導いてくれたASIA to JAPANのチーム全員に感謝したいと思います。日本に行って、みんなに会えるのを楽しみにしています。

FINAL YEAR PROJECT

「無駄なガソリンを減らす」

「目的」 研究の目的は、車両に給油する際の無駄なガソリンを減らすことです。そして、現在のシステムをよ り効率的にすることです。これを行うことで、インドでの一日約12000リットルの無駄なガソリンを 節約することができます。

「理由」 以前バイクに給油した後、操作する人が給油ノズルを元の場所に戻した時、ガソリンが数滴落ちてし まいました。 そして、これが毎回起こることに気付きました。しかし、調べてみてもこの問題がすで に解決されているものが見つかりませんでした。 いくつかの調査を行って、この問題は小さく見えま すが大きな影響があることがわかってきました。そのため、この問題を研究することに決めました。

「プロセス」 最初に、ガソリンスタンドでの一回の給油でドロップ(給油後にノズルから落ちるガソリン)はどの くらい落ちるかや、一日にガソリンが給油される回数について実質的な調査をしました。 チーム内 で私のアイデアについて話し合い、一緒に計算を行いました。その後私は設計モデルを取り込んで、 先生の指導で今設計分析をしています。

「結果」 研究はまだ進行中です。ガソリンパイプの内部設計を変更することにより、空気をパイプの中に送り 込めるシステムを作ります。そうすることで空気の力を利用して、給油後の残したガソリンドロップ をタンクの中に押すことができます。そうして、ガソリンを節約するつもりです。

「使ったスキル」
1. 研究ではこれまで、カティアソフトウェアで設計を行いました。
2. 研究の資料を作成することと、分析ソフトウェアの使い方を学んでいます。
3.リーダーシップスキルを活かして、計画通りに研究を実行しています。


Project 2:
理由 ウィンドミルはほとんどが風量の多い山の近くに設置されていますが、そのような場所は限られています。ウィンドミルはブレードが大きいために多くのスペースを必要とします。 そのため、そのようなウィンドミルは都市ではあまり使用されていません。 このことから、スペースを節約するためにブレードレスウィンドミルを開発するというアイデアを思いつき、再生可能エネルギーを利用したこのプロジェクトを立ち上げることに決めました。

 コンセプト
旋回運動を必要とします。風の流れは標高と異なるため、コーン型を使用します。軽量で丈夫な材料でコーン型を作り、その動きを可能にするためにバネを使用して垂直に設置します。圧電セルを底の円周に配置します。 圧電セルは力の作用で電圧を生成します。 コーン型が左右に動くので、圧電セルのいくらかの力に影響を与え続けます。 エネルギーはセルの内部で生成され、これは電池に保存して後に使います。

 期待される結果
出力はモデルの高さによって異なります。 2メートル高さのプロトタイプの計算によると、ブレードレスウィンドミルで電池が充電されると、10ワットのLEDチューブライトは6時間使うことができます。同じ量の電力を生み出すために、太陽エネルギーよりも50%安くできます。

 今まで学んだこと
1. 流体分析方法
2. 材料の選択
3. 市場調査

PR VIDEO