内定先企業

ソフトウェア開発、ネットワーク設計および建設会社

Savitribai Phule Pune Universityコンピュータサイエンス専攻の女性学生。研究テーマはOCRを用いた日本語学習webアプリケーションの開発。ルールベースのチャットボットの実装に取り組んでいる。知的好奇心が強い方。

Profile

国籍・地域
インド
性別
女性
大学
プネ大学
学部
コンピュータサイエンス
学歴
学士

MESSAGE

外国語を学ぶことは、単に勉強するだけでなく、物事に対する別の考え方を学ぶことでもあると思います。
大学2年生の時に『FAST OFFER International』のことを知って、これは学びの良い機会だと思いました。日本語コースに応募し、学ぶうちにどんどん興味が湧いてきました。先生は勉強に厳しいですが、授業は面白くて、これは外国語を学ぶ上でとても大切なことだと思います。言葉だけでなく、日本の文化や仕事のやり方についても教えてもらいました。

面接はオンラインなので、すべてのプロセスを経験するのはちょっと大変ですが、面白かったです。まず、ASIA to JAPANのスタッフの方とのスカイプ面談がありました。この面談では、主に会話能力、私の研究テーマが合っているかどうか、そして日本で働く理由などが確認されました。幸いなことに、私は合格しました。

次に、プロジェクトレポートとPRビデオを作成し、企業へ送付することになりました。このビデオは私の第一印象になりますので、自分がどういう人なのかを的確に説明するための自己紹介を用意しました。以上のプロセスを経て、無事に3社から選ばれるができました。楽しみと同時に、面接を待っている間は少し緊張していました。 日本で働くという素晴らしい機会を得るためには、夢の実現に向けてベストを尽くしたいと思います。

次に、次のラウンドを指導してくれたメンターに紹介されました。魅力的な履歴書を作成するために、分からないところをすべてメンターに相談することは重要です。
メンターの素晴らしい指導のおかげで、メンターリングセッションにおいて、面接の質問に理解し、取り組むことができました。面接を事前に準備することが最も重要だと思います。そうすることで、面接の時に慌てず、自分の考えをきちんと伝えることができます。
質問内容は、大学の卒業論文や研究テーマについて、また、個性や能力についてのものもありました。企業によっては、学生をよりよく知るために、事前にテストを実施することもあります。
日本人がとても優しいことは知っていましたが、面接でそれを実感できました。私の面接では、6~7人ほどの人がいて、最初は驚きましたが、面接官が面接をとても面白くしてくれて、参加者にとってとても雰囲気の良い面接でした。

ASIA to JAPANのスタッフはとても親切で、分からないことがあればいつでも教えてくれます。面接前や面接の間のアドバイスで、冷静さと集中力を保つことができました。私は、ソフトウェア開発、ネットワーク設計に関する日本大手企業に採用されました。現在、学士号(コンピュータエンジニア)を取得中で、2022年10月から入社する予定です。また、日本語能力試験N3に向けての勉強もしています。このような経験を通して、私はたくさんのことを学びました。

ずっとインドに住んでいたので、日本での一人暮らしが本当に楽しみです。会社で働き、知識を増やすことにわくわくしています。応援してくれるすべての方々に感謝しています。このような素晴らしい機会と一生忘れられない経験を提供してくれたA2Jに感謝しています。いつかASIA to JAPANのスタッフにまた会えることを楽しみにしています。

FINAL YEAR PROJECT

FYP研究
1.題名:光学式文字認識 OCRの開発 ( 物理文書を電子文書に変換する)
2.背景と目的:今日、私たちはほとんどすべてをオンラインとデジタルで使用しています。光学式文字認識は画像処理技術です。OCRのプロセスは、ドキュメントのハードコピーをPDFに変換するために最も一般的に使用されます。この技術は、銀行業、金融業界、保険業界、法務関係のすべてで使用できます。
ドキュメントをスキャンまたはアップロードできる場所で、デジタルドキュメントに変換されます。目的は、コストをかけずに大量のデータを1つの場所に保存し、人的作業を削減することです。
3.実施内容:OCRは、人工ニューラルネットワーク、サポートベクターマシン、CNNなどのカーネルベースの学習モデルを使用して実装できます。
①画像取得:入力として画像を取得します。
②前処理:画像のノイズレベルを最適化し、テキストの外側の領域を削除する必要があります。前処理は、ノイズの影響を受けやすい手書きのドキュメントを認識するために特に重要です。
③セグメンテーション:文字を意味のあるチャンクにグループ化することを目的としています。
④特徴抽出:各文字が特定のクラスに分類されるように、1つまたは別のパターンを認識できるようにする本質的な特性を見つけること。
⑤ニューラルネットワークのトレーニング:すべての特徴が抽出されると、それらをニューラルネットワーク(NN)にフェッチして、文字を認識するようにトレーニングできます。
⑥出力:出力を表示します。
4.結果:光学式文字認識は、銀行、ヘルスケア、金融、法務、政府などの分野で、履歴ドキュメントを分析および編集可能なデジタルドキュメントに変換するのに役立ちます。時間と労力の両方を節約できます。
5.学んだこと、今後の課題:フロントエンド部分はほぼ完成しましたが、すぐにスキャンや処理などのバックエンドから始めます。

★個人で行ったプロジェクト
1.題名:日本語学習用webアプリの開発(LOVEtoSHARE)
2.目的::
1)このプロジェクトの背後にある動機は、HTML、PHP、CSSなどのWeb開発スキルを学び、言語が言語をすばやく学び、楽しい方法で単語を覚えることを学ぶのを助けることです。日本、日本の文化、伝統についての情報を提供します。
2)日本語を学び始めたとき、文法や語彙を説明する本や先生がいます。でも、漢字をもっと賢く、日常の語彙で覚えるにはどうしたらいいのかわかりませんでした。このウェブサイトは、フラッシュカード、ウェブサイト、ユーチューブチャンネルの助けを借りて、漢字、語彙、文法を暗記するためのすべての賢いトリックとヒントを提供します。
3)このウェブサイトは、AI、MLなどの高度なスキルを学ぶことで、言語学習者と私にも役立つはずです。チャットボットの作成を通じて。
3.なぜウェブ:
Web開発は以下を提供します:
1)インターネット上で創造的に自分を表現する機会。
2)幸いなことに高い需要。
3)Web開発者の生活を学び、体験するのは簡単で、コードでエキサイティングなキャリアを積むには常に素晴らしい選択です。
4)個人的なルーチンでテクノロジーを使用します。
5)どこからでも仕事ができます。
4.結果:
1)プロジェクトは作業段階にあり、現在、ルールベースのチャットボットであるチャットボットに取り組んでいます。ウェブサイトの最初のページのホスティングに並んで取り組んでいます。 (ウェブサイトの名前:LoveToShare).
2)このウェブサイトの機能は、楽しくて面白い方法で日本語を学ぶための新しいトリックとヒントを取得することです。また、疑問を解決するための1対1の対話とリアルタイムのチャットボットを備えています。
3)日本、日本の文化、伝統についての証明された情報。登録すると、自動メールジェネレータ機能を介して無料の学習資料を入手できます。
5.振り返り:
AIとMLを学びたいです。そこで、チャットボットを作成して、このWebサイトでMLの基本を学ぶことから始めました。
新しいスキルとテクノロジーを学ぶのを楽しみにしています。

PR VIDEO