内定先企業

多国籍エンジニアリング、電気機器、エレクトロニクス企業

日本語コミュニケーションはスムーズにとれる学生。機械工学の専攻で卒業研究は「90度ベンド(曲がり)の水流解析」CFDを使って90⁰ベンドで水流解析を行い、ざまざまなモデルで圧力と速度を求めるプロジェクト

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
クマラサミ工学大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

大学3年生から自分の興味で日本語を勉強し始めました。日本語でN4レベルを修了した後、先輩からアジア・トゥ・ジャパンのことを知り、このプログラムを通じて日本の評判の良い企業に参加しました。機械技術者なので、基本的に日本は自動車やロボット工学のパイオニアです。特に機械的なコンセプトは日本から来たものが多いので、当然日本に興味があり、日本で働き、技術的にも個人的にも自分自身を向上させることを夢見ました。幸い、母国語のタミル語の文法は日本語とほぼ同じで、簡単に理解できたので、1年でN3レベルを修了しました。面接の最初のラウンドは、私の日本語スキルと、日本で働くことにどれだけの関心を示しているかをテストすることです。このインタビューを終えた後、私はメンターに割り当てられました。メンターは、日本と技術の両方の分野で私を訓練し、やる気を起こさせるために定期的に面接を行った成功の鍵でした。彼らは時間に関係なく私の疑問をすべて解決しました。私は自分のプロジェクトをアップロードし、自分のプロジェクトとPRビデオに基づいて、会社に選ばれる可能性が高くなるので、PRビデオが非常に正確で短く、すべてのスキルと知識を表現できるようにしました。そして、インタビューに参加するために日本に来るために、私は3つの日本企業に選ばれました。私のメンターは、面接のマナー、面接中のすべきこととすべきでないことを教えるなど、あらゆる面で私を助けてくれました。彼らはまた私の航空券を予約し、日本の気象条件について私に知らせ、旅行中や日本滞在中に非常に役立つものに従って準備するように私に要求しました。初日のセレモニーでは、アジアからの参加者全員が集まり、面接場所についての情報を提供し、面接中にトラブルに見舞われないようにするため、面接がどのように行われるかをデモしました。面接時にとても役立った面接環境。私たちが泊まったホテルも素晴らしいです私たちを扱う彼らの方法はあまりにも親切です。ホテルと会社の間の距離は非常に短いので、私たちはそれでどんな種類の問題にも直面することができませんでした。そして、ある会社に就職したので、茨城にある会社に行く機会があり、新幹線で旅行したいという気持ちもありました。会社では、会社で行われているすべての仕事と、今後の自分の役割について知らされ、会社の先輩たちと一緒に座って昼食をとる機会があり、とても良かったです。このプログラムを通じて、国内外のレベルから友達ができました。帰国中も安全な飛行をするように案内してくれました。全体として、継続的な準備と適切な指導の効果的な方法で日本に配置される絶好の機会でした。今、私は自分の一日が私の会社に行き、働くのを熱心に待っています。

FINAL YEAR PROJECT

1.もくてきコンセプト
 プロジェクトの名前はCFDをつかって90⁰ベンドの流れ解析をおこないます。
もくてき:
 プロジェクトの目的はCFDを使って90⁰ベンドの 水の流れ解析を行います。
 パイプの主な問題は、速度のために曲げで発生する侵食ですこれは、石油およびガス産業において非常に危険な問題です。ざまざまなモデルで圧力と速度を解析してこの問題をただすためにとてもただしいい設計を選択することです。
 あとでこのプロジェクトをつかってパイプの寿命が長くなりたいです、
2.研究をおこなわれたこと
 圧力  圧力は、オブジェクトの表面に垂直に加えられる力です。
 速度  速度は、特定の方向に何かが移動する速さの尺度です。
 層流  流体の各粒子が互いに干渉しない滑らかな経路をたどるときの流体の流れ。層流とは、流体の速度が流体のどの点でも一定であることです。
 乱流  流体粒子が滑らかでない経路をたどる際の流体の流れ。乱流とは、流体の速度が流体のどの点でも一定ではないことを意味します
 侵食  徐々に破壊すること。
パイプのせっけいとぶんせきー手続き:
 この研究ではCFDソフトウェアANSYS Fluentを使用しています。
 圧力、速度について集中している。  通常のパイプの水流の速度は層流です、でも曲がりがあるから 速度が乱されて乱流に変化します。
 乱流のため、出口で速度が低下し、圧力降下も発生します。
 設計変更は90で行われます曲がりに余分な投影パイプをざまざまなモデルで取り付けることにしました後であのパイプをANSYS Fluentで解析しました。
 次に、速度と圧力の結果を各設計の通常のパイプフローと最終的に比較されました、最終的に最適な設計が選択されます。速度低下が最も少ないのはどれに関してただしいせっけいを選択されました。 通常パイプ 速度低下  通常のパイプ曲げは、CFDを使用して最初に分析されます。圧力と速度は計算されます  パイプの直径は80ミリとされています。入力はx軸で、出力はz軸にあります。
x軸インレット z軸コンセント  通常、入力での速度は高速ですでもパイプで曲があるから流体の流れが発生して速度が突然低下になりました。 圧力低下 通常入力での圧力、は高速ですでもパイプで曲があるから流体の流れが発生して圧力が突然低下になりました x軸インレット z軸コンセント 設計変更
 6つデザインをCFDで流れを分析しました。
 速度と圧力低下は、各デザインで取得されます。
 各デザインの唯一の違いは、曲がりに余分な投影パイプをしたことです。
 その結果、流体の流れの圧力と速度が変化します
ℤ 設計1 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント
設計2 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント
設計3 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント
設計4 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント
設計5 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント
設計6 速度低下 x軸インレット z軸コンセント 圧力低下 x軸インレット z軸コンセント

3.けっか:
6つデザインをCFDで流れを分析しましたこれでただしいせっけいはせっけい2です。なぜならあのコンセントで速度ていかと圧力ていかがとてもすくなくなりましたからです。このプロジェクトを石油およびガス産業で使ったらパイプの寿命が長くなります。
4.研究がおわったあとまなだこと:
 プロジェクトをしているときパイプについてたくさんことを勉強して習いました。
 solidworksとCFDを早く使うことを習いました。
 CFDソフトについてたくさん知りました。
 チームワークをして仕事をすることを知りました。
 これからあの液体とかたいものもまぜってぶんせきするつもりです。

PR VIDEO