内定先企業

制御/測定機器メーカー

プネ大学トップカレッジで機械専攻の学生。ロボット技術に興味を持ち、プネ大学のロボット研究所でプロジェクトをしている。ロボコンにも参加した経験があり、昨年は全国で6位の成績を取得した。3年生のproject はロッカーボギー機の設計で、宇宙探査のために作ったローバーにも使われている技術を用いた。4人のチームで実施した経験から、チームワークの大切さと、より良いアウトプットが出せるということを学んだ。日本で技術を身に着け、高品質の製品を作りたいと考えている。日本語もかなり流暢。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
プネ大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

私はエンジニアになった当初から日本語に深い関心を持っていました。日本のドラマやアニメを見るたびに、日本の文化や生活についてもっと知りたい、と思うようになり、ある日、大学のおかげで、SGWJで日本語を学ぶ機会を得ました。
ここから、私が日本語を学ぶという目標が明確になりました。このコースで出会った先生方と一緒に日本語を学ぶことは、最初からとても楽しみでした。私はいつも、良い日本語を学ぶ鍵は持続性と素直さだと信じています。陳腐に聞こえるかもしれませんが、これは私にとって、とても効果的な方法でした。
これとは別に、私はロボット工学という、かなりまともな技術的バックグラウンドを持っていました。この二年/二年半を通して、SGWJは常にあらゆる面で私を助け、サポートしてくれました。
一定のペースで行われる講義から教材まで、すべてが非常にプロフェッショナルだと感じました。宿題はとても適切にデザインされており、読解、問題、漢字練習などの時間配分は、私にとってとてもうまく管理されているように感じました。
N3が終わってから、N2の準備と日本の面接の準備を始めました。N3のときと同じように、講義にきちんと出席し、宿題を決められた時間内に終わらせるというのが私のやり方でした。

最初の面談はコースの先生と、二回目はAsia to Japanの事務局の方と行いました。この二つの面談をクリアすると、一分間のPRビデオ、日本語のプロジェクト概要、そしてなぜ日本で働きたいのかというエッセイを提出するよう求められました。
そして、私のプロフィールができ、ここから2カ月ほどで、私のプロフィールに興味を示してくれる企業が現れました。選考は二ヵ月半にわたって行われたので、特に準備に十分な時間を割くことができました。
私はいつも、企業についてよりよく知るために二つのステップを踏みます。まず、会社の概要や仕事内容、歴史について隅々まで調べます。そうすることで、その会社の仕事に対する考え方や、自分がその会社の要求に合致するかどうかがわかります。
次に、常に自信を持ち、誰にでも遠慮なく助けを求めることです。また、面接者は一般的に外国の学生なので、少しいい加減なところがあり、話すときに多少のミスがあっても許してくれる傾向があります。しかし、このようなミスを最小限に抑えることが、面接官の前でより良い印象を与えるために重要なのです。
Asia to Japanのスタッフの方々、メンターの方には、面接のためにあらゆる準備、指導をしていただき、本当に感謝しています。私は、日出ずる国でキャリアをスタートできることをとても楽しみにしています。日本で多くのSGWJの学生に会えることを願っています。

FINAL YEAR PROJECT

三年の時のミニプロジェクトテーマ「 ロッカーボギー機構の柔軟部品開発」
このプロジェクトの目的は「ロッカーボギー」と「コンプラインス機構」を合わせることでした。「ロッカー・ボギー」とはマースローバーによく使われている機構のことです。どんな道の形でも楽に周れる可能があります。「コンプラインス機構」は柔軟的な機構コンセプトです。このコンセプトは消費品物によく使われています。このプロジェクトはそのコンセプトに基づいて「ロッカー・ボギー」の部品を開発しました。

部品のことを言えば、「ゼンマイばね」と言う面白いばねに基づいて自分の形を作りました。「ゼンマイばね」とは渦巻き形の面白いばねです。玩具と昔の壁の時計によく使われていました。このプロジェクトで開発した部品はゼンマイばねより動きやすいで、両方向で曲げることができる。

実施内容と言えば、簡単でこのポイントでした。
1.ゼンマイばねのような形のばねを選びました。
2.「SOLIDWORKS」で設計しました。
3.「MATLAB」の「SIMULINK」を使用して、計算をしました。
4.その結果を「HYPERWORKS」で応力の分析をしました。
5.そのプロセスを何回も繰り返しました。

結果:1.SIMULINK で計算した曲げモーメント(0.5Nm)がよく受けられる。
2.この部品は45度曲げることが簡単にできます。
3.応力は制約の中にあります。

将来の範囲
1.次は、そのロボットのプロトタイプを実際に制作して、試すこと。
2.色々な材料を試して、最も良い材料を選ぶ。
3.次のプロタイプには全体一つの部品の開発すること。
4.このアイディアは宇宙探査(うちゅうたんさ)のために作ったローバーにも使われています。
5. この部品はもっと正確で軽くなったら、利用する可能がたくさんあります。

PR VIDEO