内定先企業

自動車部品メーカー

マレーシア出身の日本語ビジネスレベルで機械設計専攻の日系総合電機メーカーマレーシア法人で勤務する第二新卒。ODM工場の運営に携わっており、日本語、英語、中国語を使い開発計画調整に携わっています。卒業研究は、SolidWorks, ANSYS,MATLAB を使用し 二輪車の背圧に及ぼすエキゾーストマニホールドの漸進的収束と発散の効果の研究に取り組んだ。JLPT1級を取得し、現在も日本語を使った業務経験をしていることから多言語でのスムーズなコミュニケーションが期待できる。

Profile

国籍・地域
マレーシア
性別
男性
大学
INTIインターナショナルユニバーシティ&カレッジ
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

若い頃から、私はずっと日本での生活を夢見ていました。この日本への関心は、アニメとマンガから始まりました。それから、夢をかなえるために日本語を学ぶことに夢中していました。
このような個人的な理由で、地元の大学で学士号を取得後、日本での仕事しか仕事を見つけていませんでした。これは簡単なことではありません。一般的に、人々は日本に住んで働く前に日本語学校で日本語を勉強するからです。

ある日、インターネットで日本の仕事情報を探していたときに、Asia to Japan(AtoJ)のオンライン面接プログラムであるStudy Go Work Japanに偶然出くわしました。とても嬉しいので、すぐにプログラムに申込みました。
登録が完了してしばらくして、AtoJのスタッフとの面談に招待されました。面接官は、希望給料、仕事開始可能日、希望会社の種類などを尋ねました。
面談に合格すると、FYPの概要書、FYPのPDF文書、「なぜ日本で働きたいのか」の説明と1分間のPRビデオを提出することになっています。誤ってプロンプトメールを見逃してしまって、結局時間通りに書類を提出できなかったことを今でも覚えています。

しかし、AtoJのスタッフは優しくて丁寧で、遅刻でも親切にフォローアップして対応してくれました。 数ヶ月の仕事のマッチングプロセスの後、最終的に私は ある企業の面接に選ばれました。
面接に参加する前に、面接の準備とこちらの企業の面接スケジュールについて支援するオリエンテーションがAtoJによって開催されました。
幸いに、2回の面接に合格し、こちらの企業のデザイン開発エンジニアのオファーを取得しました。これらのイベントはすべて2週間内に行われるため、非常に効率的です。

最後になりましたが、この場をお借りして、日本での仕事探しをいつも支えてくださっているAtoJの担当者さんに感謝申し上げます。今、担当者さんと連絡を取りながら入国手続きを進めており、2022年4月に入社することを楽しみにしています。ありがとうございます。

FINAL YEAR PROJECT

研究テーマ
・ 二輪車の背圧に及ぼすエキゾーストマニホールドの漸進的収束と発散の影響

要約
・ 背圧とは、排気システムのエキゾーストマニホールドに障害物または曲がりがあることによる圧力の低下として定義されます。
・ この背圧は、燃料消費量の増加や出力とトルクの面でのエンジン性能の低下など、二輪車に望ましくない結果をもたらす可能性があります。
・ このプロジェクトに使用されたベンチマークはモデナスCT-115Sである、オートバイの背圧に対するエキゾーストマニホールドの漸進的な収束と発散の影響に関する研究を示しています
・ プロジェクトのターゲットは、長さと直径の要素の設計モデルを変更することにより、エキゾーストマニホールドで発生する背圧を最小限に抑えることです。
・ このターゲットは、3つの異なる目的を順番に達成することによって完成されます。
・ ちなみに、このプロジェクトの範囲は単気筒4ストロークSIエンジンに限定されます、及びエキゾーストマニホールドの直径と長さの要素のみが考慮されます
・ 一方、制御される要素はエキゾーストマニホールドの曲げ半径と角度です。
・ 最初の目的は、タグチ実験計画法(DOE)に基づくSolidWorksを使用して、多数のエキゾーストマニホールドCADモデルを設計することです。
・ タグチ実験計画法によると、それぞれ5つのレベルを持つ5つのパラメーターは、各ステージのL25直交配列を意味します。
・ このプロジェクトでは、発散のみのステージ1と発散と収束の組み合わせのステージ2の2つのステージが実行されます。
・ したがって、エキゾーストマニホールドの合計50モデルが2段階で構築されます。
・ 2番目の目的は、CFD分析とタグチ分析を使用してエキゾーストマニホールドの最適化された設計を確認することです。
・ ここで、エキゾーストマニホールドの圧力コンターはANSYS FLUENTから取得されます。
・ 文献レビューの結果に沿って、Realizable k-ε乱流モデルの下で非圧縮性空気を流体として使用する定常状態シミュレーションに設定されています。
・ 境界条件は、1807.66 Kの一定温度での入口質量流量と圧力出口です。
・ 質量流量の数値は、RPMの範囲が1000から9000であるため、0.00125 kg / sから0.01125kg / sです。
・ 分析が完了すると、ステージ1とステージ2のS / N比プロットを取得するで背圧データをMinitabに挿入されます。
・ ステージ1とステージ2(ローエンドRPM(1000 〜4000)、ハイエンドRPM(6000〜9000)および全体(1000〜9000)に分類されます)に対応するタグチ最適化設計が建築されます。
・ ここから、ベンチマーク、タグチ最適化設計、およびベストサンプルの比較が行われ、もっとも最適化されたエキゾーストマニホールドが決定されます。
(ステージ1とステージ2の各カテゴリに対して同時に実行されます)
・ 3番目の目的は、技術計算を使用してCFD解析のデータ結果を検証することです。
・ このプロジェクトでは、検証の目的でベルヌーイの定理と連続の方程式が適用されます。
・ エキゾーストマニホールドの仕切りは、CFDポストにエキゾーストマニホールドの始点から終点まで直線を挿入することで完成します。
・ その目的は、圧力グラフを使用してANSYSFLUENTに示される流体の圧力変動を調査することです。
・ 一方、技術的な計算は、定理と方程式を使用して各パーティションに実行されます。
・ CFD解析の検証成功は最も最適化されたエキゾーストマニホールドを検証することです
・ 研究の結果によると、最も最適化された設計は、ステージ1とステージ2のサンプル4であり、生成される背圧は、それぞれ0.5321Paから5.696Paおよび0.4512Paから16.01Paの範囲です。
・ 対照的に、モデナスからベンチマークによって生成された背圧は、5.655 Paから186.2Paの範囲で増加されます。
・ 対照的に、モデナスからベンチマークによって生成された背圧は、1000〜9000RPMで5.655Pa〜186.2Paの範囲で変化します。
・ このプロジェクトの推奨事項は、排気ガスが脈動で排出するので、定常状態シミュレーションではなく過渡シミュレーションを適用することです。
・ その上、排気マニホールドに使用される材料がアルミニウムではなく鋼であるです。
・ 将来の作業としては、エキゾーストマニホールドモデルによるエンジンのブレーキトルクとパワーを分析するためにリカルドソフトウェアを適用することです。

PR VIDEO