内定先企業

ドイツの多国籍自動車部品製造会社

インドプネ大学で電子工学専攻の学生。ハードウエア、ソフトウエアができ、組み込みシステムに興味がある。プロジェクトとして、アンチプロキシシステムとして指紋認証を使い、携帯型の出席確認入力機を設計製作している。常に新しいことや幅広い分野に関心をもち、日本語学習に対しても積極的。JLPT N3保持者で、現在はN2合格に向けて勉強中。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
プネ大学
学部
電子通信
学歴
学士

MESSAGE

私は非循環的な活動として日本語を学び始めました。進むとすぐに、日本語を楽しみ始め、日本語を主流に取り入れることができるかどうかを考えました。しばらくして、Study Go Work Japanプログラムについて知り、に来ました。日本での新入生の機会を知っています。私にとって、これがターニングポイントであり、日本人はもはや単なる循環的なものではありませんでした。今、目標があり、この活動に目的があり、自分の方向性を見つけました。

最低限必要な日本語の資格を取得した後、このプログラムの門が開かれ、次のラウンドの準備を始めました。 PRビデオの作成、メンタリングセッションによるガイダンス、履歴書の作成、最終面接ラウンドの候補者の候補者リストのドキュメントスクリーニングに続く短いプロセスがあります。私はスムーズにプロセスをクリアし、日本での最終面接ラウンドに参加することになりました。はい!私の最初の日本。すべての日本語志望者のための夢の国。

最終ラウンドは、全体としてこのプログラムの最良の部分です。面接官はとてもフレンドリーで、面接のようには感じません。面接よりも「インタラクティブセッション」と呼んでいます。ただし、最終ラウンドをクリアするには、非常に正確で徹底的な準備が必要です。結果は同日に発表され、選択された場合、オファーレターはそこに渡されます。
次の日は会社訪問で、会社、その主要製品、その他多くのものを見ることができます。この一日中、会社がすべての費用を負担します。

日本での仕事についてもっと話すと、それらは非常にドメイン固有であり、ITの仕事とコアドメインの仕事が含まれています。また、これらの仕事の面接は、過去の成績やパフォーマンスではなく、候補者のプロセスと能力に焦点を当てています。面接用のマークシートや証明書を1枚持っていたのを覚えておらず、面接官がそれを求めたことは一度もありませんでした。成績ではなく、自分自身を証明する必要があります。はい、それは日本であり、卓越性が成功の鍵です。インタビュアーは、テクニカルラウンドの大学プロジェクトとHRラウンドの他の一般的なHRの質問について私に尋ねました。最後に、私は2社に選ばれ、そのうち1社を選ばなければなりませんでした。新しいことに出会い、そこから多くのことを学ぶことができたのは素晴らしい経験でした。インタビューは以上です。それとは別に、近くの観光が可能な自由時間は十分にあります。私は東京の多くの有名な場所を訪れ、本格的な日本食を試し、池袋のサンシャインシティモールにあるメガポケモンセンターなどのブランド店に足を運び、たくさんの買い物をしました。このプログラムとアジアから日本の素晴らしいチームのおかげで、これはすべて可能でした。彼らはすべてが順調に進んだことを保証し、私の日本滞在中に不便を感じることは全くありませんでした。そして、はい、これらすべてがほぼゼロのコストで実現します。経験を共有するために、2019年10月に台風が日本を襲い、その日のフライトもキャンセルされた最後の瞬間にフライトがキャンセルされました。それまではほぼ真夜中だったので、家に帰って翌日空港に戻るのは困難でした。つまり、このプログラムには、特に日本での往復チケットと宿泊施設が含まれています。しかし、このシナリオをアジアから日本に説明すると、彼らはすぐに私たちの母国の近くのホテルで私たち10人の手配をしました。現在、選考は終了していますが、入社するまで日本語を勉強し続けます。その間、私もインドや他の国からたくさんの友達を作りました。すべてこのプログラムのおかげです。この素晴らしい機会を与えてくれたすべての教師、アジアから日本へのチーム、メンター、そして会社の人々に感謝します。この最初の海外での仕事を本当に楽しみにしています。

今まで大変お世話になりました。 まことにありがとうございました。 これからも宜しくお願い致します。

FINAL YEAR PROJECT

テーマ:アンチプロシキシステムの設計
目的:
1. 誤った出席を避くることです。
 - インドの大学で七十五パーセントの出席は必要です。
 - 学生は友達に頼んで、代わりに返事をしてもらい、出席を登録します。
 - 例えば:AさんとBさんは友達です。今度の授業にAさんは来ません。出席確認の時Bさんは自分の登録 番号を呼ばれたら‘はい’と言って、出席をしていることを報告します。それに加えてAさんの登録番号を呼ばれてもBさんはAさんのかわりに‘はい’と言って出席の報告をします。学生がおおぜい出席している時先生がこのような不正なことが分からないかもしれません。

2. 出席を取るための時間を削減することです。
 - 名前を呼ばれて出席を紙で登録することが毎授業10分ぐらいかかります。その時間を節約することです。

3. 出席は長い間保つことです。
 - 先生は授業の出欠を一枚の紙でメモしておきます。もし、その紙を無くなればメモした出席も無くなります。
 - 出席はパソコンで登録して、保つことができます。

プロセス:
1.このプロジェクトでバイオメトリックスの技術を使って学生を特定し、1人数秒で出席を登録できる機器を作りました。
2.組み込みシステム(embedded system)に関係するバイオメトリクスと同じシステムですが、これは携帯システムです。
3.はじめにインタネットと取扱書でバイオメトリクスシステムはどのように作業 するか、それを勉強しました。そしてプロティアス(Proteus)と言うソフトウェアを使って自分のシステムをデザインしました。そのデザインは実験用回路版にやってみて電気回路の実働を確認しました。そしてそのデザインは印刷回路版を行なって他の部品も接続しました。ハードウェアシステムを完了してそのシステムをプログラミングしました。それでそのシステムが出来上がりました。 

4. 使い方が簡単です。4つのボタンを順番に押すと登録が完了するようになります。
 1番目のボタン:登録、
 2番目、3番目で登録番号を選択
 4番目のボタンを押すとディスプレイに登録内容を表示し確認できる。

[https://ibb.co/WgSwTpY← これはその機器の写真です。]

結果:
1.出席を取るための時間を節約しました。
 - 大学でーつの学期に渡って一つの科目は40時間ぐらいを与えられます。
 - 紙で出欠を取ることが毎授業10分ぐらいかかります。
 - それは学期に渡って400分、つまり7時間ぐらいになります。
 - このシステムを使って、一人の学生で2秒しかかかりません。

先生は授業にその機器を持って行って、その機器を生徒たちに渡します。生徒たちが授業中自分の席でひとりひとり出席することができます。先生は紙で出欠を取る必要はありません。ですから各授業のその10分節約できます。

2.他の人の出席ができません。
 - 人の指紋がユニークから生徒たちは他の生徒の出席することがぜんぜんできません。

3.出欠で間違えることがありません。
 - 指をセンサーに置くと出席は自動的にパソコンで記録できるので間違えることもありません。

リフレクション:
1. このプロジェクトで作った組み込みシステムは今までした勉強に関係するので、勉強に加えて、ハードウェアとソフトウェア仕事について経験を集まりました。

2. グループプロジェクトでしたので、私は一番したことがプログラミングでした。全てのハードウェアはプログラミングしてシステムと接続しました。

3. 組め込みシステムで、プログラミングによって色々な部品を接続する方法を学びました。

4. このようなレベルの高いプロジェクトは初めてでしたからたくさん間違えることがありました。ふくざつなデザインでしたから最初はよくできませんでしたので私たちはたくさんミスをしました。システムデザインの本を読んで、先生と先ぱいに手伝っていただいて、ミスを直して正しいデザインをしました。

5.システムをプログラミングしている時指紋センサーは特設ライブラリーがいると言うことがわかりました。インタネットで調べて見たらたくさんのライブラリーを見つかりました。色々なライブラリーをインストールしてもセンサーが機能できませんでした。このようなセンサーを使ってプロジェクトをした先ぱいに連絡しました。先ぱいに手伝ってもらい、とうとう全部のプロジェクトを完了しました。

PR VIDEO