内定先企業

ITソリューション会社ITソリューション会社

インドプネ大の修士でコンピューターサイエンスを専攻。FYPのテーマは「アンドロイド栄養士システム」で体重と身長を入力しBMI値から1ケ月のダイエットプランを提供するアプリ開発。ダイエットをしようとアプリを探したが適切のものがなかったので自ら開発した。日本語でしっかりとコミュニケーションが取れる。日本の高度なIT技術に憧れ日本で技術者として自己実現したく就職を希望している。

Profile

国籍・地域
インド
性別
男性
大学
プネ大学
学部
情報工学部
学歴
修士

MESSAGE

私は3年前から日本語を勉強しています。最初は趣味で日本語を勉強し始めました。まったく新しい言語を読んだり、書いたり、聞いたりするのはとても大変でした。日本の文化についてもっと知り、日本語への興味が大きく高まりました。
この間、Study Go WorkJapanに出会いました。この機会を知ったとき、日本で働くことにワクワクしました。
最初の段階は「模擬面接」でした。模擬面接に合格したら、アジアの管理者とのSkype面接の準備をしなければなりませんでした。この面接は、私のカリキュラムと日本で働く理由について、あなたのコミュニケーションスキルをチェックすることに他なりません。
ありがたいことに、私もこのラウンドに合格しました!この後、PRビデオを準備しなければなりませんでした。 PRビデオを作った後、私は次のラウンドのために私を導いてくれたメンターに割り当てられました。彼/彼女は良い履歴書を作成するのに役立つので、メンターラウンドは非常に重要なステップです。
メンターのおかげで、2社から面接に選ばれました。今回はCOVID-19のパンデミックのため、すべてのインタビューはオンラインで行われました。オンラインでしたが、アジアから日本へのスタッフが面接の準備に大いに助けてくれました。
面接後、ブライセン社からオファーがありました。初めての面接で選ばれたのでとても嬉しいです。現在、私はコンピュータサイエンスの修士号を取得しており、2021年4月にブライセンに入社します。
日本で働き、生活することを本当に楽しみにしています。この機会とご支援を賜りましたアジア・トゥ・ジャパンの皆様、ありがとうございました。とても素晴らしい経験でした。
ありがとうございました。

FINAL YEAR PROJECT

題名: アンドロイド栄養士システム

選定理由: アンドロイド栄養士システムこのアプリーは人々のダイエットをサポートします。このアプリ-はダイエットアドバイザーのように機能します。利用者は自分のダイエットプランを得るために情報を入力します例えば、身長や体重です。そのデータを分析して利用者にダイエットアドプランを提 案します。

目的: 利用者は素早く BMIインデックスをチェックし、適切なダイエットプラン を手に入れることができる。

実施内容: このアプリーの操作は二つの部分に分かれています。 ユーザー: ユーザーはログイン ID とパスワードを得るために、最初に登録する必要 があります。ログイン後、ユーザーは BMI インデックスを計算するために 体重や身長などの情報を入力します。BMI インデックスが計算されると、 ユーザーは太っているのかそれとも痩せているのかは理解することができ ます。次に、ユーザーは BMI インデックスに従ってダイエットプランを提 案します。提案されてダイエットに問題がある場合、営業に直接メッセー ジを送信できます。

栄養士/アドミン: 栄養士は別のログインをもっています。栄養士は、データベースに食品を追加したり、
ユーザーのダイエットを更新したりします。またはユーザー から送信されたメッセージに返事を送ることができます。

結果: 全体的にこのアプリーは、より良い人格のために増減するのに役立ちま す。

PR VIDEO