内定先企業

総合食品メーカー

インドネシアから台湾国立大学に留学。機械工学専攻で2020年6月に卒業予定。 現在は海洋探査船でアロフィーという無人探査機を担当し海洋研究に参加している。 日本語はN3であるがそれ以上にコミュニケーションがスムーズで会話は全く問題はない。 人物も明るく元気で非常に健康的な好青年である。モノ作り会社でエンジニア職を志望。

Profile

国籍・地域
インドネシア
性別
男性
大学
国立台湾大学
学部
機械工学部
学歴
学士

MESSAGE

正式に日本語の授業を受けたことがないので、アニメを中心に日本語を学びました。最初の数ヶ月は字幕を見るだけで飽きてしまいました。そこで自分でゲームを作ることにしました。英語字幕が出る前の日本語の会話音声の意味を推測することです。この活動を8年間繰り返しているので、たくさんの基本や語彙を学ぶことができました。また、日本語の発音はインドネシア語に似ており、マンダリン一方、ライティングシステムはマンダリンに似ており、日本の技術も世界でもトップクラスとされています。インドネシアと台湾で使われている機械のほとんどは日本製です。それ以来、私は将来、日本で働く予定です。

経済的に困窮しているため、自分で生計を立てながら国立台湾大学で学士号を取得することにしました。この4年間、私は多くのアルバイトといくつかの学術プロジェクトに携わってきました。さらに、ここに滞在することで、インドネシア語、英語、北京語、日本語の4つの言語も向上しました。当時、台湾を卒業することを考えると、日本で働くのは難しいと思っていたので、将来どうしたらいいのか迷いました。友人がStudyGo WorkJAPANについて教えてくれたのは昨年のことです。日本への無料旅行、無料宿泊、早期の求人など、このプログラムのメリットに驚きました。最初は疑わしかったのですが、友達や高校の元教師に聞いてみました。学校で、私はその恩恵が本当に真実であることに気づきました。スタディーゴーワークジャパンを作って応募しました。
応募した当日、最初のセレクションに合格したという返事が速かったことに驚きました。 AsiaToJapanは、私が本当に資格があることを確認するために、Skypeインタビューを行いました。承認された後、2分間の自己紹介ビデオを作成するように依頼されました。面接を希望する企業が3社以上ある場合、AsiaToJapanからビザの法的書類が送られてきます。彼らは宿泊施設と一緒に航空券を準備します。日本に行く前に、良いメンターから連絡があり、日本での面接についてアドバイスをもらいました。 12月に面接のために日本に飛ぶことができました。正直なところ、すべての選手を見たときはとても不安でした。私はたくさんのアルバイトと3つの異なる学術プロジェクトをやりました。私は4つの言語を使用できることを知っていました。それにもかかわらず、友達からアルバイトを全部受けました。つまり、これまでに面接を受けたことはありません。また、私もインターンシップをしたことがありません。私の履歴書にたくさんの記録があったとしても、それは私が成功することを保証するものではありません。したがって、私はいくつかの洞察を得るために私のメンターに私のすべての疑問を相談することにしました。もちろん、面接前に事前に将来の会社についても調べました。面接初日、ほとんどの候補者が面接の質問への回答を暗記しようとしているのを見るとすぐに、面接に参加するのは正しい方法ではないと判断しました。そのうえ?私は何かを簡単に覚えられるタイプではありません。普段のプレゼンテーションの仕方を思い出し、面接では自分らしくいることを選びました。ほとんどの企業は、日本で働く目的、最終年度のプロジェクト、会社の知識など、よくある面接の質問をします。私の場合、私は新入生の年に働いているので、私たち自身にユニークな質問をします。一番ショックを受けたのは「あなたの人生で一番大事なことは何ですか?」でした。結局、マニュアルに基づいてすべてを行うのは無意味なので、私は自分自身であるという正しい決断を下すことができてうれしかったです。私たちは生き残るために状況の変化に適応できる必要があります。
面接2日目に面接1件と求人2件をいただきました。辰野は研究開発部門の仕事を提供し、ハウスフーズは私が彼らの生産ライン部門に加わることを望んでいました。その後、どの会社を選ぶかを考えるのに一週間かかると言われました。小学校の時、ヤクルトの工場に遠足に行きました。だから、ハウスフードのインテリアはヤクルトの工場に似ていると思って、3日目に辰野に会社見学に行くことにしたのです。 House Foodsは一度拒否したことがありますが、午前中に辰野を訪れた後、午後に本社に行くように言われたので、とても誠実でした。 2つのオファーのどちらかを選択するのは簡単ではありませんでした。私は父を含む数人とその問題について話し合った。それに加えて、各社のメリットを考えなければなりません。結局、私はハウスフーズを取ることを決心しました。この4年間は私にとって非常に厳しいものでした。特に、授業料がほとんど決済できなかったために、NTUから2回ほど追放されそうになったためです。私は授業料と生活費のためにたくさん稼ぎ、たくさんのお金を失いました。この間ずっと、仕事の関係で台湾を旅行する機会はあまりありませんでした。仕事からの休日は私に多くの費用がかかる可能性があります。私の大学生活における1つの失敗は、文字通りすべてを台無しにする可能性があります。主題に失敗しても、私は多くの問題を抱えることになります。率直に言って、普通の学生のように自由がなかったのはイライラしました。それにもかかわらず、私は私のバッチのほとんどの学生よりも早く私の求人を得ることができました。特にStudyGo WorkJAPANプログラムを企画してくれたAsiaToJapanに感謝します。スタッフはとてもフレンドリーで親切でした。私のメンターは私に良い指導をしてくれました、そして彼は私の成功の最大の理由の1つでした。 Study Go Work JAPANのおかげで、初めて無料で日本に行くこともできました。 [将来の候補者へのアドバイス]困難は成功への道を開きます。欲求不満はあなたがまだあきらめていない兆候です。代わりに、成功への燃料としてそれを使用してください。私の場合、授業料の問題でほぼ2回退学しています。私は6つのアルバイトをしていて、私の研究室で研究プロジェクトを担当しています。面接中は、面接の質問への回答を覚えていない方がよいでしょう。代わりに、自分らしく正直になりましょう。ほとんどの場合前向きでいれば、良いことが起こります。就職に失敗した場合は、それを経験と見なし、失敗から学び、自分自身を向上させてください。

FINAL YEAR PROJECT

1.題名:Solid-State Interfacial Dealloying(SSID)法によるナノサイズ多孔金属の作製
2.背景:SSIDはDealloying技術で合金から金属の一つを取り除く技術で、ナノメートルサイズの多孔金属を製造することが可能です。多孔金属の表面積が広いため、電池やキャパシターの強化に応用することができます。SSIDは去年発見されたばかりの新しい技術です。
3.実施内容:
現在SSID技術を基にナノメートルサイズの多孔Ti金属を作製し温度依存性を調べています。私達が使用している素材は合金サンプルTi30Cu70で、スパッタリング方法で、シリコンの上に合金サンプルを鍍金し、合金サンプルの上にMg(マグネシウム)を鍍金します。スパッタリング方法では、Cu、Ti(チタニウム)、そしてMgを入れます。合金の厚さを調節するために、まずCuに電力8Wを5150秒与え続け、同時にTiに電力60Wを5150秒与え続けることにより、合金の厚さが320nmになります。その後Mg鍍金するために、Mgに電力40Wを2152秒与え続け、Mgの厚さが700nmになります。サンプルに熱を加えた時、合金とMgを完全に拡散ができるように、厚さが合金より二倍以上になるようにします。温度を450℃に設定し、SSID技術を使用して合金を拡散させ、MgとCu金属を酸溶液で取り除くことで、ナノメートルサイズの多孔Ti金属になります。
4.結果:
ナノメートルサイズの多孔Ti金属の温度依存性の実験をしており、応用性も調べています。
8月から始めた研究でサンプルができたというレベルで詳細の研究はこれからになります。

PR VIDEO

Read More