受付終了
4/26 (火)
12:00~13:00

留学生数が減少。
JASSO最新調査の分析と、継続採用を実現するための施策を考える

留学生数が減少。JASSO最新調査の分析と、継続採用を実現するための施策を考える

コンピュータ理工学に特化し、豊富なDX人材を有する 『会津大学』 を実例に、
留学生と英語プログラムを提供する大学の実情に迫る

JASSO(独立行政法人 日本学生支援機構)から、『2021(令和3)年度外国人留学生在籍状況調査』が発表されました。
ASIA to JAPANでは、経年でどのような変化が生じているのか、約10年間の変化の詳細を分析しました。

この2年は、コロナ禍の影響で数の減少と在籍の形態も変化しています。
また、大学のグローバル化が進む中、英語のみでカリキュラムを履修できるイングリッシュ・トラックを提供する大学が増えています。

コンピュータ理工学に特化する会津大学は、採用が難しいと言われる情報系の留学生を多く有し、英語でプログラムを提供する代表的な大学となります。

過去からの変化と、現在の状況を踏まえ、優秀な外国人学生を採用するには、どのような注意が必要なのか、
留学生の就職支援に詳しい、会津大学 グローバル推進本部 国際戦略室 特任准教授の草刈 明美氏をお招きし解説します。

留学生採用担当者、必聴のウェビナーです。
ランチタイムのひと時、ぜひお気軽にご視聴ください。

■セミナー概要■

日程
4/26 (火)
時間
12:00~13:00
開催時間
1時間
会場
オンライン
※オンライン会議ツール(ZOOM)を利用しますので、参加される方には参加方法のご連絡をさせていただきます。
参加費
無料
定員

50名

※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。

※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。

※人材関連や各種営業を目的とした方、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

■登壇者■

会津大学 草刈明美さん

草刈 明美 氏

公立大学法人会津大学
グローバル推進本部 国際戦略室
特任准教授
1999年より日本語教育に従事。
日本語学校、専門学校勤務を経て、2019年より本学の特任准教授として就任。
日本語教育および留学生就活支援を担当。
(Linkedinアカウント)
三瓶雅人

三瓶 雅人

株式会社ASIA to JAPAN
代表取締役社長
1997年、株式会社キャリアデザインセンター入社。キャリア採用広告営業、営業マネージャ・営業部長、マーケティング部長、人材紹介部門の事業責任者となる。
2006年、株式会社日経HR入社。人材紹介事業立ち上げ、転職サイト責任者、システム責任者を経て、2012年よりアジア現地学生採用のための新規事業を立ち上げ、その責任者となる。 アジア9カ国、トップ50大学と連携した事業はテレビ「ガイアの夜明け」でも取り上げられる。
2017年2月に株式会社ASIA to JAPANを創業。

■トークテーマ■

●外国人留学生在籍状況の推移と現状について、国別、大学別など様々な角度から解説

●会津大学から実際に日本企業に就職する留学生の具体例、日本語レベルについて

●英語で授業を行う大学のカリキュラム(イングリッシュ・トラック)の実情について

●コロナ禍での留学生の状況と、採用において考慮すべき点について

■こんな方にオススメ■

●日本国内の留学生動向が気になっている、企業の人事ご担当者様

●外国人学生採用に課題をお持ちの企業様

●社内のダイバーシティ&インクルージョンに取り組まれている、これから取り組もうとされている企業様

■タイムテーブル■

12:00
1.開会のご挨拶・諸注意 [5分]

2.外国人留学生在籍状況の推移と現状 [15分]
  (三瓶 雅人)

3.英語で授業を行う大学のカリキュラムの実情 [10分]
  (草刈 明美 氏)

4.トークセッション [20分]
 「コロナ禍での留学生の状況と、採用において考慮すべき点」
  (草刈 明美 氏、三瓶 雅人)

5.質疑応答 [10分]
6.クロージングトーク(お知らせなど)
13:00