内定先企業

大手化学メーカー

北京大学大学院で外国語学で日本語学を専攻。高い日本語運用能力を持ち、幼少期に日本に住んでいた経験もある。スターバックスでのアルバイト通して、相手の立場を考えた提案やチームで協力しながら目標を達成する力を培う。

Profile

国籍・地域
台湾
性別
女性
大学
北京大学
学部
外国語研究
学歴
修士

MESSAGE

北京大学外国語学部を卒業後、自分を磨くために日本で働きたいと思いました。元々営業業務の内定をいただいていたが、本学部の友達からASIA to JAPANを知り、家族にも他の機会に目を付けるように言われ、AtoJのプログラムに参加するよう応援してくれました。

 4つの企業から面接に抜擢され、最終的に内定を出してくださった大手化学品製造会社で現在働いております。飾らずに申し上げますと、面接の連絡が来るまでこの4つの企業について詳しく知りませんでした。自分でどこの面接を受けたいかを決めた後、企業のホームページで企業の理解を深めようとしました。面接はとても楽しかったです。まるで雑談のような面接でした。

 内定をいただいてから一日後、もう二人の内定者と一緒に東京本社を訪問し、近くの店で本社のスタッフと一緒にランチを食べました。そのあと、若手社員向けの社員寮を訪問し、男性社員の寮を見てきました。大学の寮と異なっていたが、入社する前に日本における生活のイメージを持つことができました。入社してから半年が経ち、社員みんなは優しくて福利厚生も良いです。社員寮を提供していた点も、この企業が気に入ったポイントでした。皆さんが想像する学生寮と異なり、この社員寮は一人暮らし向けの1Kです。自費の家賃は毎月10万円以下で、東京23区内の物件です。ここまで良い福利厚生がある企業は滅多にないと聞きました。

 今所属している企業に入社できて、とても嬉しいです。周りのアドバイスを参考してよかったと思います。就活の過程にかけてサポートした皆さんに感謝しています。ありがとうございました!

FINAL YEAR PROJECT

修士論文はまだ書いているところです。テーマは「『天声人語』の中国語訳における異質化と受容化-わかりやすさをめぐって-」。

PR VIDEO