吉林大学日本語学科の中国人留学生が日本で就職するまで

内定先企業

畑作と稲作の両方を手がける世界有数の農業機械メーカー

ドラマやアニメを通じて日本に憧れを抱くようになった中国出身の吉林大学卒業生を主人公にした物語である。その興味から日本語を学び、やがて日本で働くことを志すようになる。当初は不安もあったが、彼女は日本企業の育成環境とプロフェッショナルとしての成長の見込みに惹かれていった。FAST OFFER Internationalのサポートを受けながら、彼女は言葉の壁や不採用などの困難を乗り越えて就職活動を行った。そして、IT業界への就職を果たし、現在は海外営業職への道を歩んでいる。彼女の道のりは、日本での夢のキャリアを実現するための忍耐力、適応力、そしてFAST OFFER Internationalの貴重な支援の重要性を浮き彫りにしている。

Profile

国籍・地域
中国 
大学
吉林大学 
学部
日本語学科
最終学歴
学士

日本のドラマからキャリア志向へ 

 日本のドラマ、アニメ、映画に興味を持ち、次第に日本の音楽も好きになった。その結果、日本はどのような国なだろうと思うようになった。また、幼い頃から父から日本製品は品質が良く、こだわりのあるものだと教えられ、尊敬の念を抱いていた。こうしたことから日本語を学びたいと思うようになり、吉林大学日本語学科に入学して日本語を勉強した。 

 

日本企業の魅力を知る 

 日本に留学した当初は、必ずしも日本での就職を考えていたわけではなかった。日本での就職先を探していたわけでもない。しかし、友人が日本でキャリアをスタートさせ、その会社で徹底的なトレーニングを受けていることを知り、日本にはプロフェッショナルになるための環境が整っていることに興味を持た。そして次第に、自分も日本でキャリアアップできると思うようになった。また、留学中に日本企業の就職説明会に参加したことで、日本の企業文化や制度の強みを知ることができた。その結果、日本での就職を真剣に考えるようになた。 

 

FAST OFFER Internationalで日本での仕事を確保 

 日本で働きたいという思いを周囲に伝えると、父をはじめ、が賛成してくれた。そんな中、自分で見つけたのが FAST OFFER International だった。ネットで情報を探していたところ、中国の動画アプリでFAST OFFER Internationalを利用して日本での就職を決めたインフルエンサーの体験談を見つけそれに触発され、自分でも情報を集めた。 

 

言葉の壁を乗り越え、新たな挑戦へ 

 FAST OFFER Internationalに登録後、IT関連の仕事と並行して、日本語を活かせる機会を探した。独学でITスキルを身につけ、中国でIT講師としてインターンをした経験もあた。日本語以外のスキルも身につけ、選択肢を広げたいと考えていた。しかし、最初に応募した会社では、2カ月ほど準備したにもかかわらず、最終面接で落とされ、悔しい思いをした。落ち込んだが、スタッフの励ましで頑張ることができた。次の面接では無事内定をいただくことができた。もしダメだったら、また一から出直す覚悟で頑張ろうと思た。 

 留学中、日本語の会話は難しいと感じた。上達させるために、意識的に人と会話する機会を作り、たくさん練習した。そのため、企業の情報収集は難易度が高かったが、指導してくれる人がいて、手順が明確だったので、比較的やりやすかった。大きな苦労は感じなかった 

 

海外営業・マーケティングで将来を描く 

 入社後は一般社員として働。海外営業に携わりたいと思い、英語の勉強を始めた。営業はマーケティング業務もあるので、大学のマーケティングの授業も受講してい 

 FAST OFFER International はすぐにチャンスを与えてくれるのでありがたい。その上、スタッフの方々と積極的にコミュニケーションを取るたびに、私の問題を解決してくれた。日本で仕事を探している方には、ぜひ FAST OFFERをお勧めします。

中国人留学生の日本就職, 吉林大学日本語学科, FAST OFFER Internationalの支援, 日本でキャリアを築く, IT業界での就職
中国人留学生の日本就職, 吉林大学日本語学科, FAST OFFER Internationalの支援, 日本でキャリアを築く, IT業界での就職
中国人留学生の日本就職, 吉林大学日本語学科, FAST OFFER Internationalの支援, 日本でキャリアを築く, IT業界での就職